ニュース

「少年アシベ」がスパロボに期間限定参戦……だと!? ギリギリのロボ要素「ゴマボ」で

4月1日の発表が、エイプリルフールネタじゃなかったパターンのやつ。

 スパロボシリーズのスマホ向け作品「スーパーロボット大戦X-Ω」(スパクロ)に、「少年アシベGO!GO!ゴマちゃん」が期間限定で参戦することになりました。最初に4月1日の発表でファンを混乱させたのち、9日にPVとともに正式発表。ちょっと何言ってるかよく分からない。

エイプリルフールネタのようでマジだった最初の発表
正式に公開されたPV
陸地の大半が水没した地球が舞台の「彗星のガルガンティア」と同時参戦。絵的にはなじんでいるけれども(YouTubeより)

 スパクロはシリーズのなかでも特にクロスオーバーする作品が多彩で、過去に「クレヨンしんちゃん」のカンタムロボが出たことすらあります(関連記事)。とはいえ、「少年アシベ」ではロボ要素がないのでは……と思っていたら、かろうじてありました。アニメオリジナルのペットロボット「ゴマボ」が……! 戦わせていいものか不安になるところですが、PVには戦闘シーンも登場します。

ゴマボは、大企業「芦屋商事」を営むアシベのじいちゃんが、玩具として売り出そうと開発したペットロボット(YouTubeより)

 少年アシベの面々は、陸地がほぼ水没した地球が舞台の「彗星のガルガンティア」と同時に参戦し、密接に関わるもよう。PVをよく見ると車弁慶(ゲッターロボの水中形態担当)ともからみがあり、「海つながり」の人たちで一緒に活躍しそうです。

ゴマボとチェインバーの、AI同士の交流も(YouTubeより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  3. お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  4. 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. 清野菜名、結婚後初ファッションシューティングでぴったりドレス披露 「カラダのラインが出る服は着ないので」
  7. 5人家族の「外食先が決まらない問題」を描いた漫画に思わずクスリ 全員が納得できるレストランは一体どこ?
  8. 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  9. 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  10. 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛