ニュース

「そこにいるの?」 見えないけど家族の存在を強く感じる犬の命日の漫画に「涙が出た」「心に響いた」の声

きっといる。

advertisement

 見えないけど、きっとそこにいる――そう強く信じたくなるような「命日」の漫画が、Twitterで温かい涙と共感の声を集めています

一足先に透明になった彼

 まるでいたずらされて起こされたように、なんだかあまり気持ちの良くない朝を迎えた主人公。ベタベタする顔を洗い、空っぽの冷蔵庫を見て仕方なく出掛けようとすると、今度はグイッと何かに引っ掛かったような気がしたりと、少しだけ違和感を覚えます。

 いつもの道を1人で歩き、着いたコンビニで会計をすると、なぜか思っていたよりも高い買い物をしてしまいます。さらに帰りには、すれ違う散歩中の犬にめちゃくちゃ吠えられたりも。

advertisement

 帰宅後、コンビニで缶詰のドッグフードを一緒に買っていたことに気付き、覚えのないことにモヤモヤしていると、母親から電話が。「帰ってこないから忙しいのかなって思って電話したんだけど」「今日は帰ってくるのかと思ってたのよ」と、息子を待っていたような母の口ぶりに疑問を持つ主人公でしたが、そこで今日は「エディの命日」だったことを思い出します。

 毎年その日は実家に帰っていた主人公。缶詰のドッグフードをお供えするのもいつものことでした。電話を切った主人公は、再びレジに出した覚えのない缶詰のドッグフードを見て、「そこにいるの?」と、朝からずっと“そこ”にいた愛犬に話しかけるのでした。

 作者はイラストレーターでボールペン画作家の目黒しおり(@utataneutouto)さん。終わりには、実際に小学生の頃に「エディ」という名前のベルジアン・シェパード犬の家族がいたことが語られ、一緒に過ごした思い出やその時感じたこと、そして「もし願いが叶うなら、もう一度あのもふもふの背中に頬ずりしたりです」とつづっています。

 コメントでは、漫画をきっかけに昔飼っていた愛犬との大事な日々を思い出した人から「ありがとう」や「とても心に響きました」などの声が寄せられ話題に。中には、愛犬との思い出を夢に見た日、散歩に行こうとして目覚めることがある人から、作品をみて「そんな時は犬が会いに来たのかな? と思えて幸せな気分になれました」といった声も。他にも現在愛犬との時間を過ごしている人から「彼との1日1日を大切に過ごそうと思いました」などの声も寄せられています。

 目黒さんの作品はTwitter以外にInstagramWebサイトで公開されており、ちょっぴりドキッとするような影のある生き物と同時に、どこか愛おしい日々を切り取った世界観が魅力的なイラストを見ることができます。

advertisement

目黒しおりさんの作品の一部

画像提供:目黒しおり(@utataneutouto)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  4. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  5. 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  6. 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  7. 大好きなお兄ちゃんの“彼女”と初対面した柴犬、ライバル出現かとおもいきや…… 和やかな雰囲気に「人懐っこくてかわいい」
  8. 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  9. “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい