ニュース

東宝、11月の興行成績は驚異の前年度比1063% 「鬼滅の刃 無限列車編」が大きく後押し

鬼滅効果すごい。

advertisement

 東宝は12月9日、映画営業部門の2020年11月の興行成績速報を発表しました。2019年同月の興行収入と比較すると、なんと1063%と驚異の進捗を見せています。


前年度比1063%というものすごい数字(公式サイトより)

 興行成績速報は、東宝映画営業部が配給した作品の興行収入を集計したもの。2020年はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大の影響もあり、3月〜5月には多くの映画館が休館を余儀なくされていました。そのため、興行収入も4月は前年度比1.3%、5月は0.6%と非常に低い水準に。夏休みの8月には前年度比77.7%まで回復したものの、9月は53.2%と好調とは言えない結果となりました。


2020年の興行成績一覧(公式サイトより)

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のビジュアル

 しかし10月16日に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開されると、興行収入は一気に右肩上がりに。10月は前年度比443%、11月は1063.3%と驚異の勢いを見せています。

advertisement

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、12月6日までの公開52日間で約288億の興行収入を記録。日本の興行収入第1位の千と千尋の神隠し(約308億円)に迫る勢いで観客数を増やしています。なお、11月の稼働作品は「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のほか、「STAND BY ME ドラえもん 2」「罪の声」「浅田家!」「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」などとなっています。

 一方で、年単位で見てみると、11月までの興行収入は前年度比の80%。「鬼滅の刃」ブームをもってしても、休館や外出自粛の影響が大きく響いていることがわかります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. 夫「ピザ窯作ろう!」突然のDIY宣言→まさかの30分後…… 夢が広がる最高の夕飯に「たまらなく良き」「うちにも欲しい」
  7. カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  8. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  9. 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  10. 毛糸でリメークした“ユニクロ無地Tシャツ”に「袖を編んでしまうの」「ステキ」 オシャレに生まれ変わった完成形に注目