ニュース

33歳ボディービルダー、スクワット中の事故で首を骨折し急逝 210キロの高重量もセーフティーバー付けず(1/2 ページ)

注意喚起の声が広がっています。

advertisement

 インドネシア・バリ島のボディビルダー、ジャスティン・ビッキーがトレーニング中の事故により33歳の若さで亡くなりました。スクワットで210キロのバーベルを挙上している最中でした。


サポートの男性とともにスクワットに挑むジャスティン(画像はBali Discoveryから)

 現地メディア「Bali Discovery」によると、事故は7月15日(現地時間)に発生。210キロのバーベルスクワットでしゃがみこんだ際に、ジャスティンは重さに耐えきれずバーベルを首に担いだまま、上半身を前方に折り曲げるかたちで転倒。首を骨折した他、脊椎の損傷も見られ、事故直後に病院に搬送され手術を受けたものの帰らぬ人になったとのことです。

 同メディアが公開した映像では、後ろからジャスティンをサポートする男性の姿が見られるものの、本人を支えきれず、事故が起こってしまう様子が映されています。また、スクワットを行っていたラックには、トレーニング中に態勢を崩した際に身を守るためのセーフティーバーが付けられていませんでした。

advertisement

33歳の若さで亡くなったジャスティン(画像はジャスティン・ビッキー Instagramから)

 生前のジャスティンはボディコンテストに出場していた他、パーソナルトレーナーやインフルエンサーとしても活動。亡くなる直前のInstagrmの投稿には、「あなたから何度もインスピレーションをもらった。ゆっくり休んでね」「彼のいるジムは明るい雰囲気に満ちていた」「そっちに行ったらまたトレーニングしよう」「やすらかに」など追悼のメッセージが寄せられています。

 ジャスティンの訃報は日本のトレーニーの間でも広がり、X(Twitter)上では「スクワットでの死亡事故。特別なことではなく誰にでも起こり得ることです。セーフティを必ずつけましょう」「亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。我々トレーニーは安全第一、効果第二の意識を持たなければいけない」「本当に悲しい事故。常に危険や怖さを感じながらトレーニングすることが事故防止の上で必要」など、注意喚起の声が上がっていました。


過去にはセーフティバーをつけていたことも(画像はジャスティン・ビッキー Instagramから)
拠点にしていたジムの追悼メッセージ
       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  5. 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  6. 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  7. 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  8. 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  9. ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  10. トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開