ニュース
» 2008年04月28日 18時09分 公開

ケータイ落ちゲー「フィルタリング☆パニック」で、有害サイトをブロックだねとらぼ

「臨機応変にレッツ・フィルタリング!」――有害サイトのフィルタリングをめぐる新法案が議論を呼ぶ中、フィルタリングをネタにした携帯電話用ゲームが登場した。

[ITmedia]
画像 フィルタリング☆パニック (C)NetFarm

 有害サイトのフィルタリングをめぐる新法案が議論を呼ぶ中、フィルタリングをネタにした携帯電話用有料ゲームが登場した。プレイヤーは、生徒の頭上にフィルターを設置し、降りかかってくる「アダルト」「出会い系」などのアイコンを、タイミングよくブロックする。

 単純な“落ちゲー”だが、無害なサイトをブロックすると生徒がダメージを受けたり、生徒ごとにフィルタリングルールが異なったりするなど、なかなか現実的だ。

 ネットファーム・コミュニケーションズ(札幌市)が開発したiアプリ専用「フィルタリング☆パニック」で、iモード公式「定番☆ぱずる島」(月額315円)専用ゲーム。

 「Dance Dance Revolution」のようなユーザーインタフェースの画面下部に生徒が6人並び、それぞれの頭上に降ってくる「アダルト」「出会い系」などといった「有害サイト」アイコンを、数字キーを押して「フィルタリング」する。

 有害サイトが生徒の頭に接触したり、「無害サイト」をフィルタリングしてしまうと生徒にダメージが。ダメージを受けた生徒はサングラスをかけはじめたり茶髪になったりし、限界を超えるとゲームオーバーになる。


画像

 学校側がゲームサイトを有害サイト扱いし始めるなど、有害サイトの基準が突然変わることも。「成績がいい1人だけは、ゲームサイト閲覧OK」など生徒によって有害基準が異なることもあり、個々人に合った臨機応変なフィルタリングが勝利の鍵となる。

 「ネットの普及に伴い、若年層が簡単に有害に触れられるようになってきたこのごろ。『けしからん!』と憤る大人や『昔はエ○本手に入れるのだって苦労したのに!』と悔しがる大人と人それぞれだと思いますが、やはり判断能力が成熟するまでは、大人が取捨選択をコントロールしてやらねばなりません。というわけで、レッツ・フィルタリング!」(同社)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」