ニュース
» 2008年05月07日 15時14分 公開

弱気な言葉に面! 剣士が“飛び出す”ブログパーツについて、担当者に聞いてみたねとらぼ

弱気な言葉を剣士が叩き直すというブログパーツがネットの話題に。記事のネガティブな言葉があると、剣士が枠から飛び出て「面!」。狙いを聞いてみた。

[ITmedia]
画像 ブログパーツ

 「剣道で、弱気な言葉と真っ向勝負」――ネガティブな言葉を“叩き直して”くれるという剣道ブログパーツが話題を集めている。ブログ記事内に「KY」「超ムカツク」などネガティブな言葉があると、正座した剣士が立ち上がって一礼。ブログパーツの枠から飛び出し、ネガティブワードに竹刀を振り下ろす。

 「月刊剣道時代」(体育とスポーツ出版社)が昨年12月に公開し、4月までに約3000のブログに設置された。英語版も公開中だ。

 狙いは剣道の世界的な認知向上。「剣道人口がどんどん減少している。メディアに剣道のニュースが出る機会もほとんどない。かといって大々的に宣伝するお金もない」(剣道時代の担当者)と悩み、思いついたのがブログパーツだったという。

実在の7段の剣士が「面!」

 ブログパーツは、「試合開始」(英語版は「Fight」)ボタンの上部に剣士が正座しているというデザイン。ボタンをクリックすると、ブログ記事内からネガティブな言葉を見付け出す。「馬鹿」「KY」「超ムカツク」「かわいくない」「汚い」など日本語78語と「stupid」「hate」「no good」など英語96語を登録したデータベースと、ブログテキストを照らし合わせる仕組みだ。

 ネガティブワードを見付けると、ブログパーツがその近くまで縦方向に移動。剣士がおもむろに竹刀を手にとって立ち上がり、一礼の後、枠から飛び出し、言葉に向かって竹刀を振り下ろす。

 竹刀を打ち込まれたネガティブワードには横線が引かれ、剣士はまた一礼してブログパーツへ戻っていく。その後「このブログには、まだまだ弱気が潜んでいます」「剣道は心身を鍛える武道なり」という筆文字を剣士の背景に表示する。

 実在の剣道7段の選手を撮影し、映像をブログパーツ化した。美しく竹刀を振り下ろす映像からは「めーん」と聞こえてきそうだ。


画像 ネガティブな言葉を見つけると、試合開始
画像 技を打ち込み、ネガティブな言葉を撃破する
画像 英語版

画像

 公開の目的は、剣道と剣道時代の認知向上。「日本語のブログには本音や内情を吐露したものが多い」ため、「弱気な言葉を剣士が叩き直すという」というアイデアを思いついたという。

 「剣道の理念は相手に勝つことではなく自分に勝つこと。斬新な方法で剣道の理念を伝えられないか考えた。剣道を知ってる人も知らない人も楽しんでもらえれば」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」