ニュース
» 2008年10月28日 15時52分 公開

「初音ミク」があなたに話しかけてくる――auケータイにエージェント機能ねとらぼ

「初音ミク」や「ハロ」などキャラが待受画面に現れ、話しかけてきたり、おすすめ情報を教えてくれるエージェントサービスが、auケータイ向けに始まる。

[ITmedia]
画像 サービスイメージ

 「初音ミク」や「ハロ」が、あなたに合った情報を届けます――KDDIはau端末向けサービスとして、キャラクターが待受画面に現れ、話しかけてきたり情報を教えてくれる「『感性型』エージェントインターフェース」(β版)を来年1月に始める。

 専用アプリをダウンロードすると、設定したキャラが待受画面に登場。アドレス帳に登録されたデータや送信メール、位置情報などを参考に、ユーザーに合った情報を教える。

 例えば、GPSでとらえた位置情報と連動して周辺の天気予報やレストラン情報を表示したり、送信メールから好みを推測してゲームアプリを紹介したり、アドレス帳の誕生日情報を元に占いの結果を配信する。

 通話が終わった後にキャラが「今話した人の誕生日はいつ?」などと話しかけてくることも。誕生日を伝えると、その日が近づいてきた時に「○○さんがもうすぐ誕生日だよ」と教えてくれる。

 モーションセンサーと連動し、携帯を逆さにすると、キャラも逆さになって表情が変わる――といった仕組みも備えた。

画像 キャラ一覧

 β版の開始時には、初音ミクやハロのほか、「天才バカボン」の「バカボンのパパ」、「ゲゲゲの鬼太郎」の「鬼太郎」、ゲーム「モンスターハンター」シリーズに登場する「アイルー」、セガの「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、音楽ゲーム「Melody of Emotion」の「有崎ユキ」、「たまごっち」の「くちぱっち」の8キャラを用意する。

 「携帯電話を単なるツールではなく、パートナーとして愛着を持っていただけるような使い方を目指す」という。当初の対応端末は「W64SH」「W65T」。システムやアプリの開発は、カタリスト・モバイルが行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」