ニュース
» 2009年03月13日 17時02分 公開

ねとらぼ:「初恋の人から手紙が届く」というサイトを試してみた

初恋の人から手紙が届く――こんな甘酸っぱい経験を疑似体験できる「初恋の人からの手紙」が人気だ。「胸くそ悪い手紙が届く可能性もある」のがポイント。

[宮本真希,ITmedia]
画像

 初恋の人から手紙が届く――こんな甘酸っぱい経験を疑似体験できるサイト「初恋の人からの手紙」が、ブログやmixiで話題になっている。

 生年月日や名前を入力し、「好きな人がいると仮定して、自分のことを相手におすすめできますか?」など恋愛傾向に関する質問に答えると、「初恋の人からの手紙」を自動生成し、恋愛分析結果も表示する。「胸くそ悪い手紙が届く可能性もある」らしい。

 記者もやってみた。手紙の冒頭は「ひさしぶり。もう黒人男性と付き合う夢は叶えましたか? 喜々として黒人の素敵さを力説していたのをなつかしく思います」だ。予想外の書き出しに驚く。

画像 記者もやってみた

 差出人は9年前に別れた相手という設定。記者に対し「あのころ、とても余裕があって、大人びていた」とほめたかと思えば、「普段からやけにツンツンしている」「自由人なところに疲れたけど、おかげでかなり精神力が鍛えられた」とちょっと辛口な感想も。

 手紙の最後は「そろそろ飲尿ダイエットに興味持つのはやめて(笑)、新しい誰かと幸せになってください。またいつか会いましょう」と結ばれていた。もし本当に初恋の人から手紙がきたら心がときめきそうだが、こんな内容だったら破って捨ててしまいそうだ……。

 ITベンチャー・番長(東京都豊島区)が展開しているネットサービス「ハニホー!」シリーズの1つ。ハニホー!には、ユーザーの恋愛傾向を分析し、インタビュー形式で結果を表示する「ザ恋愛インタビュアー」や、オリジナルの「○○メーカー」を作れる「××(ペケペケ)メーカー」、自分の“知られざる伝説”を教えてくれる「伝説の私」などさまざまなサービスがある。

関連キーワード

恋愛 | ねとらぼ | ネットサービス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた