ニュース
» 2009年09月01日 19時00分 公開

「まねきねこダックの歌」の替え歌ジェネレーターで“イケメンソング”を作ってみたねとらぼ

CMでおなじみの「まねきねこダックの歌」を、オリジナル歌詞にして大切な人にプレゼントできる替え歌ジェネレーターを使って“イケメンソング”を作ってみた。

[小笠原由依,ITmedia]

 「まねきねこダック♪」――CMでおなじみのあの歌の歌詞を自由に変え、大切な人にプレゼントできるというサイト「まねきねこダックの歌」を、アフラックが公開している。CMに登場するねことアヒルが、オリジナルの歌詞を歌いながら幸せ祈願をしてくれるらしい。

 慢性的に幸せとイケメンに飢えている自称「乙女」な記者としては、ねこでもアヒルでも何でもいいから幸せ祈願してほしい。早速試してみることにした。

photo 特設サイト「まねきねこダックの歌」

 サイトは神社のようなデザイン。うん、御利益がありそうだ。境内には、「まねきねこダック」こと、招きねこ風のアヒルキャラがうろうろしている。か、かわいい……すでに少し幸せになる。

 い、いかんこんな小さな幸せで満足していたら! 早速大きな幸せを願って、記者が作った歌詞を乗せた歌を歌い踊ってもらおう。

 曲の作成にはまず、フォームから送りたい相手の名前をひらがなで入力。自分の幸せを願う記者は、誰でもなく、当然のように「おとめ」と入力する。

 続いて、歌詞制作画面が出てくる。1番と2番の歌詞はすでに用意されており、3番の歌詞を制作できる。だが困った。幸せ慣れしていないせいか、何を入力していいか分からない。

 自分で歌詞を当てられるのは、歌い始めの2フレーズと、「ねことアヒルが力を合わせて○○の幸せを まねきねこダック」の○○の部分。歌い始めは13文字×2フレーズ、○○の部分は5文字まで当てられる。

 あぁ……どうすればいいんだ。なんだろう……イケメン好きの記者としてはやはり、「イケメン」って入れといたほうがいいだろうか? とりあえずイケメンと入れてみよう……。

photo 歌詞を入力。いまいち思いつかない……うぅ……

 歌詞を入れ終えれば曲は完成。ねことアヒルが、まねきねこダックの歌う動画を見ることができる。1番、2番の歌詞は既成のもの。自作のオリジナル歌詞入りの歌は3番として、合成音声で再生される。

 3番の歌詞は……「イケメン イケメン どこにいる」「イケメン イケメン るるるるる」「ねことアヒルが力を合わせておとめの幸せを まねきねこダック」。歌詞の内容はともかく、歌の発音はなめらかで、合成音声にありがちな不自然さはほとんど感じなかった。

 作った歌は動画と一緒に保存でき、再生用URLが発行され、友人や家族と共有したり着うたにすることができる。うん、我ながらイケメンへの愛がこもったいい歌だ。できあがった歌に愛着を覚えたので、前日徹夜で働いていた同期に送りつけてみた。

 歌に対する感想はない。代わりに、彼が作った歌が送られて来た。どれどれ……「そろそろうちに帰りたい」「だけれどうちに帰れない」「ねことアヒルが力を合わせてわたしの幸せを まねきねこダック」。……忙しいのに、ごめん。

 サイトにはすでに約3万4000人が自作の歌詞を投稿しており、ほかのユーザー作った歌を聞くこともできる。かわいい歌声に載せて、ねことアヒルが思いを伝えてくれるので、言いにくいことを伝えるのにもちょうどいいサービスかもしれない。

関連キーワード

歌詞 | イケメン | 音声合成 | ねとらぼ | 替え歌


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/04/news076.jpg 君島十和子の長女・君島憂樹、 “母上のお洋服”を拝借したシャネルコーデが超絶美人 「お人形さんかと」「素敵すぎ」
  2. /nl/articles/2312/02/news048.jpg 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. /nl/articles/2312/04/news026.jpg 貞子もビビって逃げ出すレベル 驚異のハイスピードで迫るハムスターの姿に度肝を抜かれる人続出「怖いよ」
  4. /nl/articles/2312/03/news054.jpg 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  5. /nl/articles/2312/04/news028.jpg 愛猫に「猫鍋」をもらったのに、夢中になったのは予想外の…… 「違う、そうじゃない」とツッコむ展開に笑ってしまう
  6. /nl/articles/2312/04/news022.jpg 秋田犬の子犬、これで生後4カ月!? ベビーデカワンコの抱っこが「“超”大型犬ですよね」「かわいいの塊でたまらん!」と話題
  7. /nl/articles/2312/04/news021.jpg いつも空いているドッグランが大盛況→常連の柴犬が困惑のあまり…… 胸がキュッとする“うろたえっぷり”に応援の声続々
  8. /nl/articles/2312/03/news057.jpg クロちゃん、20歳年下の恋人に旅行持ちかけるも「行かない」 交際1周年のお祝いもなし「1回しっかりしゃべりたい」
  9. /nl/articles/2312/04/news099.jpg 笑福亭鶴瓶、夜中に“超一流俳優”たちの呼び出しでパジャマ出動 豪華メンツの泥酔姿に「凄いメンバー」「映画撮れそう」
  10. /nl/articles/2312/04/news016.jpg 写真家が「もう二度と撮れません」と語るエゾモモンガの水平飛行 貴重な1枚に「感動しました」「最高です!」と絶賛の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」