ニュース
» 2009年11月25日 20時38分 公開

「やふー\(^O^)/」「因スキ」って? 今年のケータイ流行語ねとらぼ

「やふー\(^O^)/」「因スキ」――女子中高生を対象に調査したケータイ流行語大賞には、大人のネットユーザーが見慣れない言葉がいくつもランクインしている。

[ITmedia]

 「やふー\(^O^)/」「因スキ」――ピーネストが11月25日に発表した、女子中高生を対象に調査した「ケータイ流行語大賞 2009」には、大人のネットユーザーが見慣れない言葉がいくつもランクインしている。

 「やふー\(^o^)/」は3位にランクイン。あいさつや「やっほー」といった意味で使われているようだ。「因love/因スキ」は9位で、中の“大”だけ読み「大好き」という意味で使われているという。

 1位は「盛る/盛れる」と耳なじみのある言葉。髪にボリュームを持たせてセットするといった意味があり、「派手にする」などの意味で使うほか、気分がいい時に「盛ってる」と表現することもあるという。2位は「本当に」「本気で」といった意味の「ガチで」。10位には著しく気分が落ち込んだことを表す「バッドトリップにスリップin the サゲ」という言葉が入った。

 調査は、11月17〜20日の間、無料ホームページ作成サービス「@peps!」「Chip!!」にアクセスした女子中高生ユーザー2236人を対象に実施した。ベスト10は以下の通り。

順位 言葉
1位 盛る/盛れる
2位 ガチで
3位 やふー\(^O^)/
4位 まじかー
5位 ニャッピーo(≧∀≦)o
6位 ぱねぇ
7位 まさかのー
8位 あーね
9位 因love/因スキ
10位 バッドトリップにスリップin the サゲ

 ガジェット通信も同日、PCのネットで今年流行した「ネット流行語大賞 2009」を発表。流行語にもっともふさわしい金賞には「※ただしイケメンに限る」が、銀賞には「どうしてこうなった」が、銅賞は「裸になってなにがわるい」が選ばれた。

 ネット流行語にはこのほか、「友愛」「なにそれこわい」「バリバリ」などがノミネートされていた。

 ネット流行語大賞は、ガジェット通信独自の調査や、「ニコニコ動画」、ピーネストの携帯サイトでの調査を合算している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」