ニュース
» 2011年04月08日 09時30分 公開

キモイのに男前 Twitter時代の“マジレス型ゆるキャラ”「まんべくん」にファン熱狂(1/3 ページ)

「見た目はちょっとキモい、動きは奇妙、でも中身は男前」――北海道・長万部町のゆるキャラ「まんべくん」が東京に降臨。ファンの黄色い歓声を浴びながら踊り続けた。

[岡田有花,ITmedia]

 「かわいい!」――4月2日、東京・新宿のイベントスペース「ロフトプラスワン」で、若い女性の黄色い声が飛び交った。彼が歩くだけで、階段を上るだけで、しゃがむだけで「キャー!」。ステージ上の彼を、歓声で包む。

 このイベント、チケットは発売5時間で完売し、ニコニコ生放送やUstreamでライブ配信され、新聞やラジオ、ネットニュースの取材も入った。人気歌手か、俳優、声優のイベントか。いや違う。「まんべくん」のワンマンショー「東京まんべ会」だ。

画像 東京まんべ会の様子

 まんべくんは、北海道の南側に位置する小さな町・長万部町の公式ゆるキャラ。頭髪はアイリスの花、耳はホタテ、体はカニという珍妙ないでたちで、頭の大きさは人の5倍以上もある。「かわいい」と感じるかは意見が分かれるところで、「キモイ」と思う人も少なくないだろう。

 だがまんべ会に集まった150人あまりのファンからは、「かわいい!」「かっこいい!」など絶賛の声しか上がらない。詰めかけたファンの多くが20代前半の若い女性で、温かい声援や見つめる目線から、単なる「ゆるキャラの応援」を超えた、強い愛が感じられる。

画像 ファンと交流するまんべくん

 北海道の小さな自治体のゆるキャラ・まんべくんが東京でここまで深く愛されているのは、Twitterの力だ。

前代未聞 Twitter時代の“マジレス型ゆるキャラ”

画像 まんべくんの公式ページより

 まんべくんは2003年、長万部町のキャラクターを公募した際、107の応募作品から選ばれたキャラで、フルネームは「おしゃ・まんべ」。現在7歳という設定だ。2010年ごろから本格的に活動を始め、北海道を中心にイベントに参加したり、市街に突然現れる「ゲリラ」を行うなど地道に活動してきた。

 全国的に知られ始めたきっかけは、10年10月にスタートしたTwitter(@manbe_kun)だ。

 彼のTwitterはいつも“ガチ”だ。ゆるキャラにありがちな癒し系ツイートではなく、地元批判や自治体批判もいとわない。例えば「長万部のいいところは? 」と聞かれ、返した答えは「くっ、おいしい空気ッ!」。「長万部のかにめしおいしいよね」とほめられても「※店による」とマジレスする。


画像 まんべくんのTwitter

 よりよい町作りのためにフォロワーから意見を募る一方、町の観光協会を厳しい言葉で批判することも。東日本大震災の直後には、被災者の受け入れを急ぐよう長万部町に意見してほしいと呼びかけるなど、町を外から刺激し、改善しようという強い意志が見える。

 震災以後は「買い占めかっこ悪いよ」「節電かっこいいよ」と毎朝つぶやき、募金活動をスタート。何者にも媚びず、自らが正しいと思うことを貫く“男前”な姿勢が人気につながっている。

 とはいえ実は、長万部に関連するツイートは、3日に1度もあればいいほう。つぶやきの大半は、長万部とまったく関係ない内容で、自治体公式と思えない話題のフリーダムさや、1日平均約270ツイートという過剰なつぶやき、密すぎるフォロワーとのコミュニケーションが人気の秘密だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声