ニュース
» 2011年04月12日 09時35分 公開

「絶版違法マンガファイル浄化計画」、漫画家の赤松健氏が立ち上げ

ネットに出回る絶版漫画の違法ファイルに対抗するため、赤松健氏が「浄化計画」を発表。ネットユーザーの力を借りて違法ファイルを回収し、作者から許可を取って合法化するという。

[ITmedia]
ブログで「絶版違法マンガファイル浄化計画」を発表

 ネット上に出回る絶版漫画の違法なファイルを合法化し、作者に利益を――漫画家で絶版漫画配信サイト「Jコミ」を運営する赤松健氏が、「絶版違法マンガファイル浄化計画」を立ち上げる。

 P2Pネットワークなどでは、漫画をスキャンしたJPEG画像をまとめたZIPファイルが出回っている。出版社は連載中の作品についてはこの種のファイルを監視しているが、絶版漫画に対しては対策が取られておらず、ネット上で違法に流通している絶版漫画の権利は「誰も守っていない」と赤松氏は指摘している。

 同氏はこの状況を受け、絶版漫画の違法なZIPファイルを回収して合法化する「絶版違法マンガファイル浄化計画」をブログで発表。この計画では、ネットユーザーの力を借りて絶版漫画のZIPファイルを集め、作者から許可を得て広告を挿入して配信し、利益を全額作者に還元する。

 「最終目標は、ネット上に流れる全ての『違法な絶版マンガファイル』を、『広告入りの正規版(作者がOKしたもの)』と入れ替えること!」(赤松氏)

 この計画はJコミが正式オープンする4月12日に開始する。同氏はネットユーザーに対し、違法な絶版漫画のファイルをJコミに提出するよう呼びかけている。Jコミは提出されたファイルをすぐには公開せず、作者に連絡を取り、配信許可を得て「浄化(合法化)」してから公表する(その際、作者からプロバイダ責任制限法に基づいてファイル提出者の個人情報請求があったとしても、Jコミはファイルを公開していないため請求に応じる必要はないとしている。ファイルの削除要求には応じるという)。

 ただし配信許可を取るには時間がかかりそうだ。Jコミは既に作品の公開を許可している作家のホワイトリストを持っているが、ほとんどの漫画ファイルは新たに作者の許可を得る必要がある。作者が亡くなっており、遺族も見つからない場合は、文化庁で裁定手続きを取って作品をJコミに収録できるが、それにも時間が必要だという。

 赤松氏は昨年、絶版漫画の違法流通に対抗するためにJコミを立ち上げた。同サービスは絶版漫画を広告入りでネット配信し、収益を作者に還元している。

関連キーワード

漫画 | ファイル | 絶版 | 違法 | Jコミ | 赤松健 | 広告 | 漫画家 | P2P


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」