ニュース
» 2011年04月18日 08時59分 公開

Twitterにも「ソーシャル・ネットワーク」のようなドラマがあった?せかにゅ

Twitterは3人の創業者が立ち上げたと言われているが、もう1人、Twitterの名付け親でありながら、Twitterの歴史に名が残されていない「忘れ去られた」創業者がいる。

[ITmedia]

 Twitterは2006年3月に、ポッドキャストディレクトリサービス企業Odeoのジャック・ドーシー氏、Blogger創設者エバン・ウィリアムズ氏、ビズ・ストーン氏が立ち上げた。ドーシー氏が携帯メールを使って少人数のグループでコミュニケーションするツールとして考案し、当初のコードネームは「twttr」だった。プロトタイプはOdeoの社内ツールとして利用され、7月にフルバージョンが一般公開された。その後ウィリアムズ氏がTwitterごとOdeoを買い、Twitterを企業としてスピンオフした。

 ――Twitterはこのように生まれたと言われているが、もう1人の創設者がいるという。その「忘れ去られた創設者」ノア・グラス氏がBusiness Insider(BI)のインタビューに応えている。

 「i started this(わたしがこれ(Twitter)を始めた)」――グラス氏はTwitterのプロフィールにこのように書いている。だが、これまで世間で語られてきたTwitterの物語には同氏の名はなかった。

 グラス氏はウィリアムズ氏とともにOdeoを設立した。Odeoはポッドキャストディレクトリサービスを開発していたが、AppleがiTunesを立ち上げたことで行き詰まり、新たな製品を開発することにした。インタビューによると、グラス氏はドーシー氏が考案したTwitterに大ヒットの予感を感じ、積極的に推進した。Twitterという名前を考案したのもグラス氏だった。グラス氏が最もTwitterに熱心だったとOdeoの投資家はBIに語っており、ドーシー氏は3月のツイートで、「チームは小さかった。@Noah(グラス氏)が名前を考えて管理し、@florianとわたしがプログラムを書き、@Bizが署名した。すべてがOdeoと@Ev(ウィリアムズ氏)の下で動いていた」と記している。

 グラス氏はTwitterをOdeoからスピンアウトするつもりで準備をしていた。だが2006年夏に、投資家に口出しされるOdeoの構造に不満を持っていたウィリアムズ氏が、投資家からOdeoとその資産を買収した。同氏はBloggerをGoogleに売却して多額の資金を得ていた。その後ウィリアムズ氏はグラス氏を解雇した。

 「裏切られたと思った。友人に、会社に、信頼していた周りの人に、一緒に頑張った人たちに裏切られたと感じた」とグラス氏は当時を振り返って語っている。その後はかなりの時間を1人で過ごし、一人で働いていたという。

 同氏は2年前にサンフランシスコからロサンゼルスに移ったが、3月にサンフランシスコに戻ってきた。「再びチームで仕事をすることへの一歩」のようなものだという。今のTwitterについては「中核に何か価値のあるものがあると思う」とし、「大きく成長する必要がある。彼らは過去数年に多くのことを試みたが、必ずしも正しいと言えないこともあった。Twitterにはまだ明らかになっていない真の可能性があると思う」と語っている。

 グラス氏のインタビューが掲載された後、ウィリアムズ氏は自身のTwitterに次のように投稿している。「ノアのTwitterでの初期の貢献が十分に認められていないのは本当だ。それに、名前を考えたのも彼だ。素晴らしい名前だ」と。

 新興IT企業の創業にまつわるトラブルと言えば、映画「ソーシャルネットワーク」の題材になったFacebookが知られている。創設者マーク・ザッカーバーグ氏のルームメイト、エドゥアルド・サベリン氏はFacebook創設者の1人だったが、その後追放された。サベリン氏はザッカーバーグ氏を訴えて、創業者としての肩書きを取り戻した。ザッカーバーグ氏にアイデアを盗まれたとして訴えていたウィンクルボス兄弟は、6500万ドルの和解条件を不服としていたが、先週、和解を受け入れるよう裁判所から命じられた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  7. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/25/news028.jpg ダンボール箱になかなか入れない猫ちゃん、まさかの八つ当たりに「落ち着いて」 スネる姿がかわいいと話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」