ニュース
» 2011年04月20日 18時05分 公開

文字どおり「一度死んだらそれっきり」なiPhoneアプリ「One Single Life」日々是遊戯

普通、ゲームオーバーになっても、プレイヤーに課せられるペナルティはごくわずか。しかし、もし「死んでも復活できないゲーム」があったとしたら――?

[池谷勇人,ITmedia]

ある意味、人生も「一度しか遊べないゲーム」ですが……

 ゲームのいいところは、失敗してもやり直しがきくところ。でも、もしも「やり直しが一切きかないゲーム」があったとしたら――?

 そんな「もしも」を現実にしてしまったのが、先日リリースされたiPhone/iPad向けアプリ「One Single Life(たったひとつの命)」です。

 タイミングよく画面をタッチして、ビルからビルへとジャンプで渡っていくだけのゲームですが、最大の特徴は何と言っても、一切の「やり直し」が不可能という点。見事ジャンプに成功すれば次のステージへ進めますが、失敗してしまった場合は奈落の底へ真っ逆さま。普通のゲームならそこで「また最初からやり直しか……」となりますが、このゲームの場合、一度死んでしまったらそれでオシマイ。もう二度とゲームで遊ぶことはできません。


 一応、ステージ開始前にはシミュレーターで練習することができますが、ひとたび「本番」を選べばあとは命がけ。ステージ開始前には「12% of players will die here(ここでは12%のプレイヤーが死にます)」といった警告メッセージが出るのもいやらしい。最初のうちはビルとビルの間隔も狭く、見た目にも簡単そうですが、ステージが進むにつれてどんどん難易度が高くなっていき、「予想死亡率」の数字もハネ上がっていきます。僕ならこの緊張感だけでもうギブアップしたくなるところですが、果たして最後まで辿り着ける人はいるのでしょうか……。

 一体、どうしてこんなゲームを作ろうと思ったのか? 開発者であるAnthony O'Dempsey氏のブログでは、次のように書かれています。

「私は以前、なぜゲームでは本物の”恐怖”や”不安”を感じられないのかについて考えたことがありました。普通のゲームでは、例え失敗しても少し前のチェックポイントからやり直せばそれで済む。ユーザーは潜在的にそれを知っているから、失敗しても大丈夫だと安心してしまう。そこで私は、もしもたったひとつしかライフがないゲームを作ったら――と考えたんです」

 確かに「何度もやり直せる」というゲームならではのルールが、ユーザーに安心感を与えている――という指摘はもっともでしょう。Anthony氏はさらに「ワールドカップの決勝で、ペナルティーキックに臨むサッカー選手が抱くのと同じ苦悩を、ユーザーに投げかけるようなゲームを作りたかった」とも書いています。

 なお残念ながら、このアプリは日本版App Storeではまだ配信されていない模様。一応「無料アプリ」なのが良心的と言えなくもありませんが、この際115円くらいで売った方がより緊張感が増して面白くなるのでは――とちょっと考えてしまいました。

助走を付けて、思い切って空中へジャンプ! 「絶対に失敗できない」緊張感に、あなたはどこまで耐えられますか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む