ニュース
» 2011年04月26日 16時11分 公開

「Google インスタント検索」が日本でも 1回の検索を「2〜5秒短縮」

検索キーワードを予測し、キーワードを入力し終わる前に検索結果を表示する機能「Google インスタント検索」が日本でもスタート。

[宮本真希,ITmedia]

 検索キーワードを予測し、キーワードを入力し終わる前に検索結果を表示する機能「Google インスタント検索」(Google Instant)がこのほど日本でスタートした。1回の検索にかかる時間を2〜5秒短縮できるという。今後数週間かけてユーザーに提供していく。


画像 「レストラン ろp」まで入力すると「レストラン 六本木」の検索結果を表示。検索ボタンをクリックする必要なし
画像 サジェストされた候補から選ぶと、検索結果がダイナミックに変化する

 Googleの「速さへの挑戦」がまた1歩進んだ。これまでもユーザーが検索窓に入力中のキーワードに対し、想定されるキーワードを提案する機能「Google サジェスト」があったが、インスタント検索ではキーワード候補だけでなく、その検索結果も表示する。

 例えば、六本木のレストランを検索する場合、「レストラン ろp」まで入力したところで「レストラン 六本木」の検索結果を表示。「レストラン 六本木ヒルズ」「レストラン 六本木1丁目」など、サジェストされたほかの候補を選ぶと、検索結果はリアルタイムに変わっていく。

画像 検索にかかる時間(世界平均)

 Google日本法人によると、世界では検索キーワードを入力するのに平均9秒、検索結果を選ぶのに平均15秒かかっている。だがインスタント検索を使えば、1回の検索時間が2〜5秒縮められるという。「リターンキーを押す前に検索結果が出るのはスカっと快適」と同社の徳生健太郎製品開発本部長は語る。

 昨年9月に米国などでスタートした。日本での提供まで半年かかったのは、IMEとの干渉を避けるなど、日本語特有の問題に対応する必要があったからと説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む