ニュース
» 2011年04月28日 11時00分 公開

それは武士道の如く! 「うまい棒をかっこよく開ける方法」を試す

うまい棒のパッケージをかっこよく開ける方法がネットで話題に。さっそく編集部で試してみた。

[宮本真希,ITmedia]
画像 「かっこよく開けてやるぜ!」とやる気まんまんの編集部

 うまい棒のパッケージをかっこよく開ける方法があるらしい。発言小町に投稿されている説明によると「片手にうまい棒を握り、片足を上げると同時に太ももに打ち付ける」。投稿者は30代後半で小学校時代にはやったという。むむむ、記者は初耳だぞっ。

 発言小町の投稿はネットユーザーの間でも話題になっており、「なんですかそれ(笑)」「やったことないです」「懐かしい」「え、常識だと思ってた!」「子どもの頃はこのやり方がデフォだった」などと反応はさまざま。意外と知っている人も多いようだ。

 うまい棒と言えば、ファンイベントが開かれるほどの有名スナック菓子。かっこよく開けられたら、人気者になれるんじゃないだろうか!! しかもこの方法なら両手を使わずに済む。面倒くさがり屋にもってこいだ。

 ということで編集部で試してみた。

ほんとにかっこいいの?

 かっこいい開け方を試すのは5人。そのうちこの方法を知っていたのは1人だけで、あとは皆やったことがない。記者の後輩は「粉々になりそうだから嫌だ」などとブーブー言っている。まずは予習が必要だ。

 かっこいい開け方の動画をYouTubeで探すと約30件ヒットした。例えばこちらの動画。うまい棒の袋を握って太ももへ振り下ろした瞬間、袋の上側が開いてうまい棒が3センチほど飛び出している。袋を開けるもたつき感は全くなし。これはほれる。

動画が取得できませんでした

 さあ今度は我々の番だ。まずは記者がチャレンジ。うまい棒をつぶしてしまわないよう、袋の下側に空気をためて、太ももに振り下ろした! グシャ! うまい棒は袋の中で見事に折れた。めげずにもう1度。グシャ! うまい棒が粉々になった感触を袋越しに感じる。オーマイガッ。

 記者の後に続く3人もやる気が空回りしたのか、見事に失敗。くしゃくしゃになってしまった袋は開く気配はまるでない。暗雲たちこめたところで、最後の1人が「袋を振り下ろすスピードが足りないんじゃないの?」と一言。中身が粉々になるリスクを省みず、勢いよく袋を太ももへ振り下ろした。


画像 かっこいい開け方を追求する面々
画像 粉々になってもおいしいです
画像 失敗して落ち込む。マスクで涙を隠しているのさ!

 パンッッッ。乾いた音とともに、スナック菓子の小さなかけらが宙を舞い、香ばしい匂いが漂う。ついに開いた! うまい棒(ぶたキムチ味)が袋からちょこっと飛び出ている。それをそのままパクリ。手が汚れる心配もなし。超絶スタイリッシュではないか。

画像 開いたー!!

 編集部で試行錯誤した結果、袋をやさしく握り、手首のスナップを効かせて、ひざなどできるだけ固い部分に当てるとうまくいくという結論に。「漫画『シグルイ』の『流れ』の如く、握力をコントロールするのがポイントですよ」と成功した最後の1人が得意げに語る。

 シグルイは江戸時代を舞台に剣士たちの戦いを描いた作品。うまい棒は武士道に通じていたのか……!?

画像 編集部でおいしくいただきました!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響