ニュース
» 2011年04月28日 11時00分 公開

それは武士道の如く! 「うまい棒をかっこよく開ける方法」を試す

うまい棒のパッケージをかっこよく開ける方法がネットで話題に。さっそく編集部で試してみた。

[宮本真希,ITmedia]
画像 「かっこよく開けてやるぜ!」とやる気まんまんの編集部

 うまい棒のパッケージをかっこよく開ける方法があるらしい。発言小町に投稿されている説明によると「片手にうまい棒を握り、片足を上げると同時に太ももに打ち付ける」。投稿者は30代後半で小学校時代にはやったという。むむむ、記者は初耳だぞっ。

 発言小町の投稿はネットユーザーの間でも話題になっており、「なんですかそれ(笑)」「やったことないです」「懐かしい」「え、常識だと思ってた!」「子どもの頃はこのやり方がデフォだった」などと反応はさまざま。意外と知っている人も多いようだ。

 うまい棒と言えば、ファンイベントが開かれるほどの有名スナック菓子。かっこよく開けられたら、人気者になれるんじゃないだろうか!! しかもこの方法なら両手を使わずに済む。面倒くさがり屋にもってこいだ。

 ということで編集部で試してみた。

ほんとにかっこいいの?

 かっこいい開け方を試すのは5人。そのうちこの方法を知っていたのは1人だけで、あとは皆やったことがない。記者の後輩は「粉々になりそうだから嫌だ」などとブーブー言っている。まずは予習が必要だ。

 かっこいい開け方の動画をYouTubeで探すと約30件ヒットした。例えばこちらの動画。うまい棒の袋を握って太ももへ振り下ろした瞬間、袋の上側が開いてうまい棒が3センチほど飛び出している。袋を開けるもたつき感は全くなし。これはほれる。

動画が取得できませんでした

 さあ今度は我々の番だ。まずは記者がチャレンジ。うまい棒をつぶしてしまわないよう、袋の下側に空気をためて、太ももに振り下ろした! グシャ! うまい棒は袋の中で見事に折れた。めげずにもう1度。グシャ! うまい棒が粉々になった感触を袋越しに感じる。オーマイガッ。

 記者の後に続く3人もやる気が空回りしたのか、見事に失敗。くしゃくしゃになってしまった袋は開く気配はまるでない。暗雲たちこめたところで、最後の1人が「袋を振り下ろすスピードが足りないんじゃないの?」と一言。中身が粉々になるリスクを省みず、勢いよく袋を太ももへ振り下ろした。


画像 かっこいい開け方を追求する面々
画像 粉々になってもおいしいです
画像 失敗して落ち込む。マスクで涙を隠しているのさ!

 パンッッッ。乾いた音とともに、スナック菓子の小さなかけらが宙を舞い、香ばしい匂いが漂う。ついに開いた! うまい棒(ぶたキムチ味)が袋からちょこっと飛び出ている。それをそのままパクリ。手が汚れる心配もなし。超絶スタイリッシュではないか。

画像 開いたー!!

 編集部で試行錯誤した結果、袋をやさしく握り、手首のスナップを効かせて、ひざなどできるだけ固い部分に当てるとうまくいくという結論に。「漫画『シグルイ』の『流れ』の如く、握力をコントロールするのがポイントですよ」と成功した最後の1人が得意げに語る。

 シグルイは江戸時代を舞台に剣士たちの戦いを描いた作品。うまい棒は武士道に通じていたのか……!?

画像 編集部でおいしくいただきました!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声