ニュース
» 2011年05月24日 09時36分 公開

ビデオゲームは「食べすぎ」を誘発させる? カナダの研究チームが発見日々是遊戯

ゲームと肥満の関係はしばしば指摘されますが、カナダの研究チームがこのたび、面白い研究結果を発表しました。

[池谷勇人,ITmedia]

ゲームだけが原因というわけではない?

National Postの記事。ゲーマーにとってはやや衝撃的な結果と言えるかもしれません

 ビデオゲームで遊ぶ子供は、遊ばない子供に比べて、より多くのカロリーを摂取しやすくなる――そんな研究結果が海外で発表され、National Postなど複数のニュースサイトがこれを伝えています。

 実験を行ったのは、イースタン・オンタリオ小児病院(カナダ)の研究チーム。彼らは10代の標準体重の男性22名を2つのグループに分け、昼食前の1時間、片方のグループにはゲームで遊ばせ、もう片方のグループにはイスで静かに座っているよう命じました。その後両グループに昼食を食べてもらったところ、ゲームで遊んだグループの方が、平均で80キロカロリー分多くカロリーを摂取したとのこと。また同チームの研究結果によれば、ゲーマーで遊ぶ人はそうでない人に比べて、1日平均で約163キロカロリー分、多くのカロリーを摂取することが分かったそうです。

 面白いのは、同時に彼らの血中ホルモン濃度を調査したところ、特に空腹感を促進させるような数値は見られなかったということ。これについて同チームでは、「ゲームで遊ぶことによって、脳が何らかの“報酬”を求めるのではないか」と分析。さらに「ゲームで遊んでいる時、我々はほとんどカロリーを消費せず、しかもより多くの食べ物を摂取するようになります。1日あたりの数字は小さくとも、これが積み重なっていけば、10年後に与える影響は決して小さくはありません」と警鐘を鳴らしています。

 ただし、これは一概にゲームが「悪」というわけではないのかもしれません。別の研究者は、「こうした影響は、ゲームで遊ぶだけでなく、テレビを見たり、パソコンで仕事をしたりした時にも現れる」と指摘。また同チームでは今後、Wiiなどの体を使ったゲームの場合についても研究していく予定だそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  5. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  8. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  9. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…
  10. /nl/articles/2104/19/news023.jpg 「ばんばん!」娘が幼稚園で“鉄砲ごっこ”を覚えてきた 物騒に思っていたら「意外な教え」が隠れていた漫画