ニュース
» 2011年05月27日 16時43分 公開

「ゾンビ襲来にどう備えるか」――米政府機関がサバイバル方法をアドバイス?

緊急避難キットを用意しておくこと、家族と緊急時のプランを考えておくこと――米疾病対策センターの「ゾンビ対策」アドバイスが話題に。

[ITmedia]

 ゾンビが発生したらどうすればいい?――感染症対策を研究する米政府機関、疾病対策センター(CDC)がゾンビ発生時の対策を伝授しています。

 CDCは先ごろ、公式ブログに「ゾンビ襲来への備え」と題したエントリを掲載。「私たちが備えておける緊急事態はいろいろあります。例えばゾンビとか。そう、ゾンビです。今、笑っている人もいるかもしれませんが、実際にゾンビが現れたら、読んでおいてよかったと思いますよ」と、具体的な対策を説明しています。

 同センターが伝授するゾンビ対策は、まず緊急避難キットを用意しておくこと。安全な場所を見つけられるまでの数日をしのげる水や食料、医薬品や道具(万能ナイフなど)が必要です。キットに入れておくべきアイテムの完全なリストはこちら

 次は家族と緊急時のプランを考えておくこと。どこへ逃げるのか、ゾンビが戸口に現れたら誰に電話するのか決めておく必要があります。ゾンビに侵入された場合に家族が集まる場所を選び、警察や消防などの緊急通報先をリストアップし、避難ルートを決めておく――CDCはこうアドバイスしています。

 皆さんお気づきと思いますが、CDCのアドバイスはすべて自然災害が起きたときにも通用するもの。実は、ハリケーンシーズンの到来に向け、災害対策に興味を持ってもらうための作戦だったのです。狙いは見事に当たって、通常は週に1000アクセス程度のCDCのブログが、ゾンビ対策のエントリは1日で3万アクセスを集めました。

 とはいえ、CDCはゾンビ発生にも備えているもよう。「もしもゾンビが通りをうろつきだしたら、CDCはほかの疾病の発生時と同様に調査を行い、市や州、各国のパートナーを技術的に支援し、ゾンビまん延に対処します」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む