ニュース
» 2011年05月30日 12時30分 公開

「人力検索はてな」10周年でリニューアル 質問を無料に、Twitterとも連携

はてな最古のサービスで7月に10周年を迎えるQ&Aサイト「人力検索はてな」がリニューアル。これまで有料だった質問を無料でもできるようになった。

[宮本真希,ITmedia]
画像 人力検索はてな。ロゴも新しく

 はてなは5月30日、7月に10周年を迎えるQ&Aサイト「人力検索はてな」をリニューアルした。これまで有料だった質問を無料でもできるようにしたほか、Twitterとの連携を強化。ロゴとサイトデザインも一新した。

 同社最初のサービスである人力検索はてなで、過去に1度でも質問か回答したことのあるユーザーは約25万6000人にとどまっており、「はてなのほかのサービスに比べると小さなコミュニティーになってしまった」と近藤淳也社長は語る。

 「はてなユーザーが何かを質問したいと思ったときに、真っ先に使うサービスに変えていきたい」――近藤社長は「リニューアルに寄せて」と題したブログ記事で、こうコメントしている。

Twitterとも連携

 質問やアンケートを投稿すると、ほかのユーザーが答えてくれるサービス。これまで、質問やアンケートの投稿にははてなポイント(1ポイント1円)が必要で、満足のいく回答を寄せてくれたユーザーに質問者が任意のポイントを支払う仕組みだった。

 リニューアル後はポイントを使わずに質問やアンケートを投稿することも可能になった。Twitter連携も強化。質問やアンケート、回答を投稿したことをTwitterで知らせることができる。回答ページには、そのページに関するつぶやきも一覧表示する。

 「清潔感があって、分かりやすく、人の顔が見える」(同社アプリケーションエンジニアの栗栖義臣さん)をコンセプトに、サイトデザインやロゴも一新。回答ページに吹出しのモチーフが使われているほか、ユーザーアイコンを表示できるようにした。


画像 リニューアル前
画像 リニューアル後

10年間で変わったこと

 人力検索はてなが生まれたのは2001年7月だ。当時の掲示板サイトやQ&Aサイトでは、初心者が質問すると「そんな質問は以前にあった」「検索すればすぐ分かる」などと「厳しい言葉を投げかけられることがあった」と、栗栖さんは語る。

画像 近藤社長(右)と栗栖さん。取材の合間もリニューアルのアイデアを練っていた

 人力検索はてなは、質問を有料化して質問者の立場を高くすることで、初心者が使いやすくなるよう配慮してきた。だが10年経ち、そんな“初心者いじめ”は「無くなってきた」(栗栖さん)という。ネットを日常的に使う人が増え「『ネットが俺のなわばり』という感覚が無くなってきた」からではと、近藤社長は見る。

 有料が足かせとなり「とりこぼしているユーザーもいた。メリットがデメリットにもなっているかな」と近藤社長。ユーザー数はほぼ同じペースで伸び続けてきたが「たまに思い出して使うみたいな感じ(のサービス)になっていた」(近藤社長)という反省があった。

 「どれだけそこに良さがあるとは言え、たくさんの人に使ってもらわないと」――10年を期に質問を無料にし、気軽に使ってもらうことでサイトを盛り上げていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」