ニュース
» 2011年06月03日 20時35分 公開

辛党もうなる(?)「18禁カレー」にチャレンジした

日本一の辛さを目指したという「18禁カレー」に、辛いもの大好きな記者が挑戦した。

[山本恵太,ITmedia]

 ピンク色のパッケージにデカデカと書かれた「18禁」の文字――食品業界展示会「FABEX2011」に、ものすごい存在感を放つレトルトカレー「18禁カレー」(1000円)が展示されていた。

18禁カレーを並べていた磯谷商事のブース(左)、日本一辛いという黄金一味が1本入っている(中央)、「辛すぎますので、18歳未満の方は食べないでください」という注意書き(右)

 「18禁」という文字にドキドキしながらブースに引き寄せられ、ほのかな期待を寄せて手に取ってみると、「痛辛」と書かれていた。そうか、辛すぎるから18禁なのか。「そ、そんなの知ってたけどね!」と強がりつつ少し残念な気持ちを抑えながら、辛いもの大好きな記者は試食させてもらった。

 「おおぅ……こ、これは!」

 一瞬だけ「大したことないか?」と思うが、すぐに辛さが襲ってくる。というか痛い。チキンカレーなので、ごろっと入っているチキンの甘みがオアシスではあるが、すぐに辛さと痛さが追いかけてくる。一口食べただけにも関わらず、頭から汗が出てきた。

 国内のレトルトカレーで最も辛いものを目指したというこの商品。ブーススタッフは、ココイチの10辛も試して最強の辛さを研究したという。最初はここまで刺激的なパッケージではなかったそうだが、売れなかったため“18禁パッケージ”に変更したところ、ネットで話題の商品になった。

 しかし、18禁と書いてしまったためにコンビニやスーパーで販売することができなくなったという。ブーススタッフは「これはマニア向けの商品だから、激辛マニアに知ってもらえればそれでいい」と嬉しそうに語る。

 当初は激辛マニアの話題になった“18禁カレー”だが、マニアの欲求に上限はないようで、ネットには「もっと刺激が欲しい」という声も上がっている。高まる期待に応えるため、さらに上をいく「18禁カレー 超痛辛」も売り出していくとのことだ。

関連キーワード

カレー | 18禁 | マニア | 挑戦 | 展示会 |


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」