ニュース
» 2011年06月06日 07時00分 公開

懐かしくて泣ける? 新鮮? 「NIFTY-Serve」復活を見つめる目ニフティ25周年

「あーメンテおちしてぇ〜」――ニフティが25周年記念サイトで公開しているNIFTY-Serve体験コーナーに熱い声が寄せられている。担当者は意外にもNIFTY-Serveを「全く見たこともない」そうだ。

[宮本真希,ITmedia]

 ニフティが今年2月に25周年を迎えた。移り変わりの激しいネット界を歩んできた老舗は、今年を“第2創業”と位置づける。4月にオープンした25周年記念サイトも、あえて次を担う若手社員――パソコン通信を知らない世代――に任せている。

NIFTY-Serve「全く見たこともなかった」


画像 記念サイトにはNIFTY-Serveの体験コーナーが
画像 つぶやきを各フォーラムの掲示板でチェックできる

 記念サイトの目玉は、往年の「NIFTY-Serve」を体験できるコーナーだ。1996年ごろのNIFTY-Serveがもとになっており、当時のフォーラムにGOすることもできる。Twitterとも連携。フォーラムごとに専用ハッシュタグ付きでつぶやきを投稿でき、投稿された内容は各フォーラムの掲示板でチェックできる。


画像 体験コーナーを制作した君島さん

 NIFTY-Serveの体験コーナーを制作したのは、同社サービスビジネス事業本部システム開発部クリエイティブチームの君島哲也さん(29歳)。NIFTY-Serveは「全く見たこともなかった」ため、当時の解説書「ニフティサーブアクセスガイド'96」を読むことから始めたという。

 同社には今も、実際にNIFTY-Serveの運営にあたったスタッフが在籍している。「当時を知る人であれば体験コーナーをすぐに作れるかもしれないが、やったことがない人が当時の苦労を知るのも良いチャレンジだろうと考えた」と、同社コーポレートコミュニケーション室の神代大輔チーフプランナーは語る。

 君島さんは1カ月かけて体験コーナーを完成させた。何度も社内レビューを繰り返し、メニューから表示スピードまで当時を真似て作ったという。「NIFTY-Serveは当時のユーザーにとって青春を過ごした場所で、大事な思い出として神聖化されている。雰囲気を壊さないようにしなくては」とプレッシャーもあった。

「あーメンテおちしてぇ〜」

画像 ユーザーから熱いメッセージが!

 体験コーナーは君島さんの予想を超える反響だった。記念サイトのページビューは公開から約3週間で30万に。「20年前の自分にタイムスリップした。泣いた」「あーメンテおちしてぇ〜」「ID覚えている人多すぎ。という自分も20年近くたつ今も覚えているけど」――Twitterには、当時をしのぶ熱いメッセージが次々に投稿されている。

 「阪神淡路大震災の時、Niftyのフォーラムで安否がわかった友人がいる。ほんとうにありがたかった」というコメントも。「両親はNIFTY-Serveで出会いました」「逆に新しくておもしろい!! これがパソコン通信かあ」「まどろっこしいけど、なんかかっこいいぞ!」などと、若い世代からのコメントもあった。

 「社内の反応も面白かった」と君島さんは言う。「パソコン通信について語りたそうにうずうずしてる人がいっぱいいた(笑)当時の運営担当者には『パソコン通信はオンラインコミュニケーションの原点だぞ!』と言われて感動しました」(君島さん)

 体験コーナーは来年2月まで公開する予定。パソコン通信について語るオフ会なども企画している。


画像 ニフティ社内には当時のパンフレットが
画像 モバイル用音響カプラーもあった!

関連キーワード

ニフティ | タイムスリップ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙