ニュース
» 2011年06月06日 15時35分 公開

今年はこれが来る!? スペインの新感覚ピザに萌え唐辛子「FABEX2011」「デザート・スイーツ&ドリンク展」

スペインからやってきた手持ちピザから茨城大学が生み出した萌え唐辛子まで、食品業界展示会で見つけたこれから「来そう」な食べ物を紹介します。

[山本恵太,ITmedia]

 第14回食品業界展示会「FABEX」(The World Food And Beverage Great Expo)「デザート・スイーツ&ドリンク展」で、記者が「これは来る!」と確信した新商品を紹介します。

 バルセロナからの直輸入というクレープのような形をしたピザ。具材とソースとチーズをピザ生地で円錐形に巻いており、片手で持って食べ歩きができるのが特徴です。ブースの前は焼き上がるたびに人だかりができていました。

 「マルゲリータ」を試食してみたところ、生地に包まれたチーズがとろとろ! 中のトマトソースも熱々で、最後まで冷めることなく食べられました。少し生地が硬いかなという印象でしたが、柔らかくなって崩れる心配がないのが利点です。


 愛知の和菓子メーカー華桔梗は、黒を基調としたオシャレなブースに野菜あんを使ったお団子「野菜ぼーる」を展示していました。枝豆、焼芋、にんじん、スイートポテト、コーン、トマト、若桃、かぼちゃ、ブロッコリー、生姜などがラインアップされています。

 ブロッコリー団子を食べてみたところ、最初は白あんのお団子かなという印象でしたが、すぐにブロッコリーの風味が広がり、また白あんの味が。ブロッコリーの味はそれほど強くなく、風味を楽しむという感じでした。生姜味も試しましたが、こちらは生姜の味がぶわっと駆け巡る強気なお団子でした。基本はお団子なので、野菜嫌いな子どもも喜んで食べられると思います。実際、ブースには給食関係者も多く来ていたそうです。

 金と銀のまぶしい卵にかわいらしい猫のパッケージ。中日本の「福卵」は2日かけてじっくり作ったという燻製卵。結婚式の引き出物など贈答品として引き合いがあるそうです。


瓶のラベルには萌えキャラ(?)の「こたか」ちゃんが描かれている

 “食の復興・県産品応援ゾーン”では茨城の野菜とともに萌えパッケージの激辛調味料「こたかの爪」が展示されていました。茨城大学の学生が作りだしたもので、インドネシアの留学生が紹介した「チャベラウィット(cabe rawit)」という唐辛子を醤油や焼酎で漬けたものです。焼酎漬けを茨城の野菜にかけていただきましたが、ビリリっと舌に響く辛さがたまりません。残念ながら、現時点で市販の予定はないそうです。

 ちなみに、「18禁カレー」が隣のブースに展示されていたのですが、茨城県民は辛党が多いのでしょうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する