ニュース
» 2011年06月06日 21時40分 公開

日々是遊戯:間もなく「E3 2011」開催! 日本人が期待するタイトルは?

いよいよ開催直前となった「E3 2011」。各社の出展予定リストの中から、特に日本人ユーザーの期待度が高そうなタイトルをまとめてみました。

[池谷勇人,ITmedia]

「隠し玉」にも期待!

 いよいよ明日6月7日(現地時間)より開幕となる、北米最大のゲームイベント「Electronic Entertainment Expo 2011(E3 2011)」。今年も各社の最新タイトルが多数出展される予定ですが、今回はその中から、特に日本人の期待度が高そうなタイトルをまとめてみました。

「ダークソウル」(PS3/Xbox 360)


 「デモンズソウル」のテイストを受け継ぐ、フロム・ソフトウェアのダークファンタジーRPG。公開されている動画を見るかぎり、「デモンズソウル」以上の冒険と地獄が待ち受けているようで、今からワクワクが止まりません。

「ファイナルファンタジーXIII-2」(PS3/Xbox 360)

 「ファイナルファンタジーXIII」の後日談を描いた作品。上記トレーラーでは戦闘シーンの映像も公開されていますが、よく見るとパーティキャラクターに、ライトニングの妹・セラが入ってますね。前作でユーザーから好評だった「オプティマシステム」はそのまま受け継がれるのか気になるところです。

「スーパーマリオ3D」(3DS)


 ニンテンドー3DSで開発中の「スーパーマリオ」最新作。公開されている画面写真から、「スーパーマリオギャラクシー」のような3Dの「マリオ」になることが分かっていますが、さらなる詳細発表に期待したいところ。果たしてタイトルロゴの「しっぽ」の意味は……?

「ストリートファイター クロス 鉄拳」(PS3/Xbox 360)


 いずれ劣らぬ人気を誇る、2大格闘ゲームが夢の対決。発売日は2012年とまだ少し先ですが、参戦キャラクターも少しずつ判明してきており、E3ではさらに多くの新情報が判明するのではと予想されます。

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」(Wii)※日本版タイトル不明


 昨年のE3で正式発表された「ゼルダの伝説」シリーズ最新作。据え置き機での「ゼルダ」は2006年の「トワイライトプリンセス」以来5年ぶり。ちなみに「スカイウォードソード(Skyward Sword)」というのは海外版のサブタイトルをそのままカタカナにしただけで、日本語版のタイトルはまだ発表されていません。

「ドラゴンズドグマ」(PS3/Xbox 360)※未確定


 カプコンがPS3/Xbox 360向けに開発中のアクションゲーム。最初は洋ゲーかと思いましたが、これでもれっきとした国産タイトル。国内メーカーとしては貴重なオープンワールドゲームということで、個人的に注目している作品です。

「アーマード・コアV」(PS3/Xbox 360)


 シリーズの魅力は継承しつつ、マルチプレイやチーム戦にフォーカスを当てたという「アーマードコア」シリーズの最新作。日本では10月20日に発売されることがすでに決定しているほか、クローズドβテスターの募集も実施中。おそらくE3でも、かなり進んだバージョンでの出展になるものと期待されます。

「ソウルキャリバーV」(PS3/Xbox 360)


 前作からおよそ3年ぶりとなる「ソウルキャリバー」シリーズの最新作。前作の17年後が舞台であることがすでに判明していますが、ファンとしては既存のキャラクターがどれくらい引き継がれるのかが気になるところ。

「アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス」(PS3)


 「エルドラドの秘宝」「黄金刀と消えた船団」に続く、「アンチャーテッド」シリーズの3作目。すっかりゲーム版「インディ・ジョーンズ」のポジションを獲得したネイト・ドレイクさんですが、サブタイトルを見るかぎり、次はどうやら「砂漠」が舞台になるみたいですね。

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」(PS3/Xbox 360)※未確定


 まだ確定ではありませんが、「ほぼ間違いなく出展されるだろう」と早くも話題になっている「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」。上記トレーラーは2週間ほど前に公開されたものですが、早くも再生回数は1000万回を突破。シリーズの人気の高さがうかがえますね。


 E3と言えばとかく「洋ゲー」ばかりが注目を集めがちですが、こうして見るとけっこう日本人向けのタイトルも出展されることが分かると思います。そのほか国産タイトルでは、セガの「バイナリードメイン」や、KONAMIの「サイレントヒル最新作(仮)」、Team Ninjaの「Devil's Third」なども注目を集めそう。もちろん当日になれば、ここには載っていないような「隠し玉」もきっと多数出てくることでしょう。

 任天堂の「Wii後継機」や、SCEAの「NGP(仮)」といった新ハードの出展もあり、大きな盛り上がりが期待される今年の「E3」。果たしてソフト面ではどんなサプライズがあるのか、今から期待が高まりますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた