ニュース
» 2011年06月14日 09時52分 公開

日々是遊戯:赤い部屋からの脱出、再び……。脱出ゲームの「元祖」が帰ってきたぞー

また「CRIMSON ROOM」かよ、と思った人は甘い! 「CRIMSON ROOM」であって「CRIMSON ROOM」ではない、新しい謎解きと「脱出」に悶絶せよ!

[池谷勇人,ITmedia]

すみません、すぐ脱出できると思ってました……

 正直何度も遊んだはずなのに、どうしてまた閉じ込められてしまったんだろう……。

 2004年に公開され、「脱出ゲーム」ブームの先駆けとなったFLASHゲーム「CRIMSON ROOM」が、iPhoneおよびAndroid用アプリとなって帰ってきました。価格は230円で、App StoreおよびAndroid Marketにてそれぞれ配信中。

 あなたが目を覚ますと、そこは真っ赤な壁と天井に囲まれた見知らぬ部屋。たったひとつあるドアはなぜかノブが回らない。「脱出しなくちゃならない」――そう感じたあなたは、この小さな密室からの脱出を試みます。

 今回リリースされた「CRIMSON ROOM '11(イレブン)」も、基本的な内容は元祖「CRIMSON ROOM」とほとんど同じ。見慣れたいつもの部屋を舞台に、再び孤独な脱出劇が展開されていきます。部屋の構造やアイテムの位置などはまったく同じなので、一度でも「脱出」したことがある人なら、特に悩むことなくスイスイ進んでいけることでしょう。……途中までは。

 タイトルに「'11」と付いているとおり、本作は「CRIMSON ROOM」であって「CRIMSON ROOM」ではない、別のゲームと言った方がいいでしょう。例え「脱出」経験者であっても、最後のカギを見つけるには、さらにもう一段階発想を飛躍させる必要があります。恥ずかしながら、筆者はなんだかんだで脱出までに1時間ちょっとかかってしまいました。

 しかし悔しいけれど、この謎解きのアイデアとバランス、そしてナゾが解けた時の爽快感は、やっぱりさすがとしか言いようがありません。ストーリーもなく、登場人物もいない。ただ「閉じ込められたから、脱出する」だけのゲームが、なぜこんなにも多くの人に遊ばれ、「脱出ゲーム」というジャンルを築き上げるまでに至ったのか、あらためて分かったような気がします。

 近年ではテレビ番組になったり、「リアル脱出ゲーム」のようなイベントも行われるようになったりと、ゲームという枠を越えて広がりつつある「脱出ゲーム」ですが、あらためて原点に立ち返ってみるという意味でも、本作は「脱出ゲーム」好きにとっての必修科目と言えます。まだ「脱出」未体験の人はもちろんのこと、すでに一度「脱出」したという人も、きっと新鮮な気持ちで謎解きを楽しむことができるはず。さあ、あなたはこの赤いな部屋から、無事に脱出することができますか……?

見慣れた「いつもの」赤い部屋。この青いドアさえ開けば脱出できるのですが……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン