ニュース
» 2011年06月14日 13時25分 公開

ビル・ゲイツ氏、Microsoftへのフルタイムの復帰を否定

ビル・ゲイツ氏がMicrosoftてこ入れのために復帰するとの憶測が高まっているが、同氏は今後は慈善事業に取り組むとして、うわさを否定した。

[ITmedia]

 「残りの人生は慈善財団の仕事に投じる」――Microsoftのビル・ゲイツ会長は、同社に完全復帰する意向はないことを明らかにした。

 Microsoftの株価が低迷していることから、ゲイツ氏がてこ入れのために同社に復帰するのではないかとの憶測が高まっている。だが同氏は、Microsoftには「パートタイムでかかわっている。今は慈善事業が自分の仕事だ」と6月11日の英Daily Mail紙のインタビューで話した。

 同氏は2008年に、Microsoftの日常業務から退いて、非常勤の会長となった。その後は自身の財団Bill & Melinda Gates Foundationでマラリアのワクチン開発支援など、慈善事業に取り組んでいる。6月13日には、途上国での予防接種推進のために10億ドルを寄付すると発表した。

 ゲイツ氏は1994年、メリンダ夫人と結婚し、母親を乳がんで亡くした年に同財団を立ち上げた。だががんの治療法ではなく、途上国向けワクチン開発支援に力を注いでいる。「財団のモットーは、すべての命に等しい価値があるということだ。マラリアで亡くなる人の方が、どの種類のがんで亡くなる人よりも多い。3歳でマラリアで亡くなるのと、70代で心臓発作やがんで亡くなるのは違う。世界はがん治療にかなりの力を入れてるから、わたしの財産をそれに投じても大きな効果はなかっただろう」とゲイツ氏はDaily Mail紙語っている。

 このほかにも、自分の子どもにiPodやiPhoneではなく、ZuneなどのMicrosoft製品を持たせていること、 レオナルド・ダ・ヴィンチの「レスター手稿」を1994年に3080万ドルで入手したことも話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」