ニュース
» 2011年06月14日 14時54分 公開

せかにゅ:観光名所の人気非公式ボットが突然の停止、公式とTwitterに批判

ロンドンのタワーブリッジの非公式Twitterボットが突然停止された。人気ボットだったこと、事前に当事者同士の話し合いもなかったことから反発を呼んでいる。

[ITmedia]

 ユーモラスな投稿で愛されていたロンドンの観光名所タワーブリッジの非公式Twitterアカウントが停止され、“公式”に引き渡されたことに批判の声が上がっている。

 タワーブリッジのアカウント「@towerbridge」は、3年前からトム・アーミテージさんという個人が運営していた。「船が通り過ぎたら閉めるよ」といったようにタワーブリッジの状況をツイートして人気を集めていた。

 だが5月18日になるとそれまでのツイートが消え、「Twitterに新しく参加しました」というメッセージが書き込まれた。タワーブリッジ運営元のTower Bridge ExhibitionsがTwitterに申し立てを行い、@towerbridgeの所有が移されたためだ。アーミテージさんは自身のブログで、「タワーブリッジの状況を伝えるために作ったTwitterボットが削除されたというメールが送られてきた」と記している。Tower Bridge Exhibitions側から連絡はなく、突然のアカウント停止だったという。「公式アカウントのふりをしたことはなかったのに」と怒りを見せている。

 この対応をめぐって、当事者同士の話し合いもなくアカウントが停止されたことを批判する声が上がった。公式になった@towerbridgeのツイート内容が主に宣伝であることにもファンの不満が高まり、「便利で面白いアカウントが、宣伝のために乗っ取られた」といったコメントがTwitterに書き込まれている。

 Tower Bridge Exhibitionsは批判を受けてか、アーミテージさんと話し合いとしていると述べている。

6月16日追記

 アーミテージさんは新たに非公式のタワーブリッジアカウント@TwrBrdg_itselfをスタートした。Tower Bridge Exhibitionsも公式アカウントで「Infovore(アーミテージさんのTwitterアカウント)が@TwrBrdg_itselfで戻ってきた。彼に幸あれ」と応援している。

関連キーワード

Twitter | 批判 | 公式アカウント | 観光 | せかにゅ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン