ニュース
» 2011年06月15日 10時02分 公開

「モバイルキャリアとの契約は必須?」 PlayStation Vitaの気になるアレコレ日々是遊戯

先日開催されたE3 2011で正式名称が発表された、NGP改め「PlayStation Vita」。そんなPS Vitaの素朴な疑問に、ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカがFAQで答えてくれています。

[池谷勇人,ITmedia]

ひょっとしてストレージメディアも独自媒体?

北米版PlayStaiton.comに掲載された、PlayStation VitaについてのFAQ
  • モバイルキャリアとの契約は必須?
  • UMDをサポートする計画は?
  • バッテリーの交換は可能?

 ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカが運営する、北米版PlayStaiton.comにて「PlayStation Vita」についてのFAQが掲載されています。

 ようやく正式名称と価格が判明したPS Vitaですが、まだまだ不明な点も多いのが現状。ここでは気になった質問をいくつかピックアップして紹介します。

Q:モバイルキャリアとの契約は必須ですか?

A:いいえ。Wi-Fiモデルの場合必須ではありません。

Q:携帯電話として使用することは可能ですか?

A:できません。

Q:内蔵メモリは搭載していますか?

A:いいえ。ユーザーが使いたいメモリ容量を選択できるよう、外部ストレージスロットを搭載しています。

Q:PS Vitaで使用するメディアはどんなものですか?

A:PS Vitaでは、カードタイプの新しいメディアを採用しています。カード内にはゲームのプログラムのほか、セーブデータを別途保存しておくこともできるため、データ保存のために別のメディアを用意する必要はありません。また外部ストレージについては後日発表します。

Q:「Near」は3Gネットワーク必須ですか?

A:いいえ。Wi-Fiネットワークでも楽しめますが、3G接続の方がよりリアルタイムに新しいプレイヤーと出会うことができます。

Q:リモートプレイやSkypeなど、従来のPSPのサービスは引き続き利用できますか?

A:ゲーム以外の部分についてはまだ検討中のため、後日発表します。

Q:YouTubeやFlashコンテンツ、PDFファイルなどは閲覧できますか?

A:ゲーム以外の部分についてはまだ検討中のため、後日発表します。

Q:ローンチ段階でどれくらいのゲームが遊べる予定ですか?

A:後日発表します。

Q:PS Vitaでダウンロードしたコンテンツを、他のシステムにコピーして使用することはできますか?

A:後日発表します。

Q:PSPやPS2、PS3といった他のPSプラットフォームとの互換性は? また将来的にサポートする予定はありますか?

A:PlayStation Storeで配信されるPSP用タイトル、minis、およびPSアーカイブスのタイトルについては遊ぶことができます。PS2やPS3についてはサポートの予定はありません。

Q:「UMDリーダー」のような周辺機器を発売する予定はありますか?

A:現時点では予定はありません。

Q:UMDですでにゲームを購入していても、同じゲームをVitaで遊ぶ場合はまたPlayStation Storeで買う必要があるということですか?

A:何らかの対応を考える可能性はありますが、現時点ではコメントできません。

Q:映像を外部に出力することはできますか? HDMI出力はありますか?

A:いいえ。映像を外部に出力することはできません。

Q:バッテリーは取り外し可能ですか?

A:いいえ。背面タッチパネルを搭載しているため、バッテリーは埋め込み式となっています。

 ――すでに発表されているような内容については省略しましたが、けっこういろんな質問に答えてくれていますね。

 ちょっと気になったのは、外部ストレージ部分に使用するメディアについて「後日発表」としている点でしょうか。この時点で公表しないということは、おそらくメモリースティックやSDカードとは違った独自の媒体採用してくる可能性も高いと思われますが……。

 またUMDスロットを搭載しない点については、日本で発表された際にも大きな反響がありましたが、海外でもやはり「UMDリーダーを発売してほしい」といった声はあった模様。ただ、購入済みUMDゲームのサポートについては「現時点ではコメントできません」としつつも、「何らかの対応を考える可能性はある」と書いており、何らかの「救済措置」を用意してくれるのに期待したいところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」