ニュース
» 2011年06月15日 11時06分 公開

エアバスが2050年の空の旅を提案――景色がよく見えます

乗客の体型に合わせて座席が変形し、かつインタラクティブな空の旅が楽しめる。エアバスが40年後の航空機のコンセプトデザインを公開した。

[ITmedia]

 航空機製造会社のエアバスは6月14日、パリの航空ショー“Le Bourget”を前に、2050年には世界中の空を飛んでいるかもしれない、斬新すぎるコンセプトキャビンを発表した。

基本的な飛行機としてのフォルムは継承しているようだが
強化された透明にもなる外壁で、空を見ながらのフライトが可能に。温度調節や遮光も思いのまま

夜には星を眺めながらのフライトも。あら、ちょっといいんじゃない?

中央には共用のインタラクティブゾーンを設置。エンジンは胴体と主翼の接続部分に埋没させ、尾翼はU字型にしている

飛んでいる姿を外からみると丸見え?

こちらがインタラクティブゾーンのイメージ図。バーチャルゴルフができるかも

 2050年のエアバスのテーマは“環境”。動力源には、燃料電池や太陽光発電のほか、人体が発する熱を用いたシステムの実用化を検討。機内はパノラマ式の客室を用意し、天候や時間によって照明や温度を最適化できるようにするとしている。

 ファーストクラスやビジネスクラス、エコノミークラスといったクラス制を廃止。シートはパーソナルスペースを十分に確保した可動式になり、乗客の体型に合わせて変形する仕様となっている。体温や健康状態を検知し、アロマテラピーや指圧などを行ってくれるかもしれないとのこと。各席にはホログラムのゲーミングディスプレイが乗客の操作でポップアップし、映画やテレビ、インターネットが楽しめ、食事もオーダーできるようになるという。

 また、機体中央にはアクティブに楽しみたい人向けに、バーチャルゴルフなどで遊べる共用エリアを設置。そこはバーにもなるなど、会話を楽しみながらの空の旅を提案している。

 こちらのコンセプトは荒唐無稽な夢物語というわけではなく、燃費や騒音対策、航空機の生物学的アプローチによる技術革新など、日々進化していくであろう不可能ではない未来のエアバスの姿なのだという。

 なお、エアバスのコンセプトモデルについては特設サイトが設けられているので、そちらでも確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」