ニュース
» 2011年06月22日 19時55分 公開

2Dディスプレイが一瞬で3Dに! メガネ不要の3Dシート「Pic3D」を見てきた3D&VR展

シートを貼るだけで2Dディスプレイが3D対応になる、お手軽3Dシート「Pic3D」が3D&VR展で披露された。

[山本恵太,ITmedia]
グローバルウェーブのブース

 シートを貼るだけで普通のディスプレイが裸眼3Dディスプレイに――ピクトロニクスが開発した3Dシート「Pic3D」が、「3D&バーチャルリアリティ展」(東京ビッグサイト、6月22〜24日)で公開された。グローバルウェーブが8月上旬に発売する。

 Pic3Dをディスプレイに貼り付け、専用のソフトで映像を再生すると、3Dメガネなしで3D映像を見ることができる。iPadやiPhone専用のサイズも用意する。

 会場に展示されていたディスプレイには、立体的に桜の花びらが舞う映像が流されており、3Dメガネをかけることなく楽しむことができた。視野角もニンテンドー3DSやスマートフォンの裸眼3Dディスプレイより広く、ほかの来場者と何人かで並んで見ても問題なかった。

左がシートを貼ったiPhoneで、右が何も貼っていないiPhone(写真右)

 ただ、会場で見たデモ用の映像は少しぼやけている印象を受けた。3Dの質はコンテンツの質にも影響されるため、3D映画などはもっときれいに表示できるという。またシートは接着するタイプではないため、簡単にはがすことができる。必要なときだけ使えるのが便利だ。

iPad2用(写真左)とiPhone用のシート。厚さは気にならないレベル

 3D映像を見せる仕組みはレンチキュラーレンズ方式を採用しており、カマボコ型のレンズを使って左右の眼に別々の映像を見せる。ニンテンドー3DSで使われているパララックスバリア方式と違って、画面が暗くならないのが特徴だ。また、レンチキュラーレンズ方式の視野角は通常30〜60度程度なのに対し、Pic3Dは120度まで広げることに成功した。これにより、家族やパーティー会場など、大勢で同時に3D映像を楽しむことができるという。

 サイズは23インチ、21.5インチ、15.6インチ、12.1インチ、iPad 2、iPhone 4とiPod touch 4Gの6種類を販売する。価格は23インチで1万5000円前後、iPad 2用で5000円前後になる予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む