ニュース
» 2011年06月28日 11時00分 公開

「ロケタッチ」がバージョンアップ 近くの人に「ハイタッチ」すると……

「ロケタッチ」がコミュニケーション機能を強化。今いる場所を登録(タッチ)するだけでなく、近くにいるユーザー同士が「ハイタッチ」できるようになった。

[宮本真希,ITmedia]
画像 ハイタッチ

 ライブドアは6月28日、位置情報共有サービス「ロケタッチ」で、コミュニケーション機能を強化した。独自の「いいね!」ボタンを搭載したほか、近くにいるユーザー同士が「ハイタッチ」する機能などを追加した。

 ロケタッチは昨年7月にスタートし、利用者は約3万5000人。全世界で1000万ユーザーを抱える「Foursquare」と比べれば規模は小さいが、ローソンとコラボしたキャンペーンを展開するなど、企業からの引き合いはかなり増えているという。

 当初は実験的なプロジェクトという位置づけで、同社内に専任スタッフがほとんどいない状態だったが、今年4月に専門部署を発足させ、今は数人体制で運営している。同社がロケタッチに寄せる期待と今後の展開を探ってみよう。

ハイタッチってどうやるの?

 ロケタッチは、今いる場所の位置情報を登録(タッチ)し、地図上で友人と共有する。タッチする場所や回数など一定の条件を満たすと勲章「シール」がもらえる仕組み。コンセプト「ぼくとなかまの ぼうけんのしょ」が示す通り、手書きの地図を作って遊んだ小学生のころのようなわくわく感がテーマだ。

 48万件のスポットが登録されており、1日に平均1万2000回タッチされている。ユーザーの男女比は、男性が75%、女性が25%。20〜30代のユーザーが7割を占めている。

 今回、ユーザー同士が「ハイタッチ」する機能が追加された。自分が今いる場所の近くに2時間以内にいたユーザーに「ハイタッチ」を申請でき、承認されると2人が共通して行ったことのある場所のリストを閲覧できたり、シールがもらえたりする。

 TwitterやFacebookのID、電話番号などプロフィールをあらかじめ登録しておけば、ハイタッチ時にプロフィール情報を交換することも可能。イベントや交流会などで気軽にコミュニケーションできるツールとして使ってもらいたいという。


画像 ハイタッチボタンができた
画像 スポット一覧でそれぞれの場所に「いまいる」ユーザーがチェックできる
画像 いいねボタンも

 「でんわ帳」も新しい機能の1つだ。タッチした履歴はこれまで20件までしかさかのぼれなかったが、でんわ帳にすべて保存されるようになり、今まで行った場所を簡単に振り返ることができるようになった。それぞれの場所の電話番号が登録されていれば、でんわ帳から直接かけることが可能だ。

 タッチやハイタッチ、タッチした場所に関するコメントを残す「ノート」に、「いいね!」するボタンも新設した。

 バージョンアップは、まずはiPhone/Androidアプリ版で対応した。PC・携帯電話から利用できるWeb版も順次対応する予定。

プーマやサントリーもキャンペーン ロケタッチのビジネスとは

画像 ローソンのキャンペーンでは、開始から12日間で3万2000件タッチされた

 ロケタッチではこれまで、ローソンタワーレコードがキャンペーンを展開してきた。例えばローソンでは、タッチすると人気商品「からあげクン」のシールがもらえ、集めたシールの枚数に応じた景品を抽選でプレゼントしている(6月30日まで)

 企業からの引き合いは多く、「こちらから声をかけなくても話がくる」(同社ロケタッチグループの河野智彦マネージャー)状態という。6月にはプーマが、7月にはサントリーがロケタッチでキャンペーンを始める予定。「位置情報サービスはネットとリアルを融合させる可能性を秘めているもの。企業が熱い視線を送り始めている」と話す。

 「Googleが検索キーワードをもとに強大なビジネスを築いた」ように、位置情報を大きなビジネスにつなげていきたいという。例えば、位置情報や行動履歴とマッチした広告を出せるようになれば「ユーザーに喜ばれる広告が実現できる」。ロケタッチの事業はまだ黒字化していないが「今後のビジネスの可能性が高いので、無理に収益化するよりも、まずはサービスを定着させていく」考えだ。

 位置情報をネットで公開することに抵抗を感じるユーザーも少なからずいる。河野マネージャーは、お金をタンス預金ではなく銀行に預けて運用するように「ユーザーは個人情報や行動履歴を安心できるサービスに預け、クーポンなどの仕掛けでどんどん楽しんでもらえれば」と話す。

 FoursquareやFacebookのチェックイン機能といった類似サービスと差別化していくためのポイントは、ロケタッチの「小学生のころのような」世界観。「ローカルな文化に考慮して作ったサービスと、全世界おしなべて提供するものとでは差が出ると思う。デザインなどには力を入れ、“日本ならでは”を推進していく」と意気込む。

 先日APIを公開した。「ラーメン好きのための位置情報アプリ」など、ロケタッチをプラットフォームとしたサービスが広がっていくことを期待している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」