ニュース
» 2011年07月06日 09時23分 公開

Google版「ピタゴラスイッチ」? Googleのブラウザゲーム「Nexus Contraptions」が面白い日々是遊戯

Googleは7月2日、YouTubeサイト内にてオリジナルゲーム「Nexus Contraptions」を公開しました。プロモーション用とはいえ秀逸です。

[池谷勇人,ITmedia]

ついつい最後まで遊んでしまう面白さ

 Googleが先日公開した「Nexus Contraptions」というゲームが面白かったので紹介します。

 ゲーム内容は、輪ゴムや扇風機、磁石といったアイテムをステージ中に配置して、コロコロと転がるボールをゴールまで導くというもの。いわゆる「インクレディブルマシーン」系というか、「ピタゴラスイッチ」をイメージしてもらえば分かりやすいでしょうか。最初のステージがそのままチュートリアルになっているので、試しにこのステージを解いてみましょう。

左上のボールを、右下のゴールへ入れるのが目的です

とりあえず輪ゴムをマルの中に配置してみましょう

場所を決めたら、角度をちょっと調整して準備完了

左上の「Releace」ボタンを押すとボールが投下されます

輪ゴムにあたってボールが右上にバウンド!

そのままコロコロと転がっていき……ゴール!

 こんな感じで、見事ボールをゴールへ入れることができればステージクリア。最初の数ステージはけっこう簡単ですが、やがては一定時間後に爆発する「爆弾」や、触れると重力が逆転する謎のマシーンなどクセの強いアイテムも登場し、解き方もだんだん複雑になっていきます。特に決められた解法があるわけではないので、よく分からない場合はとりあえず適当に配置してみて、そこから少しずつ微調整を重ねてゴールへ近づけていくといい感じ。用意されたアイテムをすべて使わなくても、たまに拍子抜けするほど簡単な手順でクリアできちゃったりするのも面白いですね。

 ちなみに中盤以降のステージはこんな感じ。

たぶん最初の難関。道をふさいでいるブロックをどうやって突破する?

単純そうに見えて意外にやっかいなステージ。プロペラが邪魔!

ここは爆弾の使い方がポイント。曲がりくねった通路をどう抜けるか……

ここではじめて重力反転マシーンが登場。トゲにボールが当たってもミス!

 タイトルからも分かるとおり、2代目「Googleケータイ」こと「Nexus S」のプロモーション用ゲームですが、ボールが狙いどおりカップインした時の気持ちよさはかなり秀逸で、広告と分かっていてもつい最後まで遊んでしまいました。ステージごとにクリアタイムを競うランキング機能もありますが、ちょっとした頭の体操だと思ってまったり楽しんでみてはいかがでしょうか。

 Chrome ウェブストアもオープンし、ここのところゲーム方面へのアプローチが目立つGoogleですが、こういうプロモーションは楽しいですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…