ニュース
» 2011年07月14日 17時48分 公開

見せてもらおうか“世界一の朝食”とやらを…… 「bills」お台場に潜入だ!

“世界一の朝食”を提供するというシドニー発のレストラン「bills」が東京に初進出する。売りはパンケーキと「固定概念を覆す」というスクランブルエッグ。その味いかほど!?

[宮本真希,ITmedia]
画像

 “世界一の朝食”を提供するレストラン「bills」が東京初進出!――先日こんな案内状が編集部に届いた。なんでもその店では、「固定概念を覆す」というスクランブルエッグや、レオナルド・ディカプリオがお気に入りというパンケーキが食べられるらしい。

 生粋の日本人である記者としては、おいしい朝食と言えばご飯&味噌汁&焼き魚のコンボだと信じて疑わないのだが、世界一とまで言われるとちょっと気になってくる。ということでその味を確かめるべく、7月16日にオープンを控えた「『bills』お台場」へ向かった。

 billsは1993年にオーストラリア・シドニーにオープンした。ディカプリオのほか、トム・クルーズやニコール・キッドマン、ケイト・ブランシェットといったハリウッドセレブが撮影でシドニーを訪れるたびにbillsに足を運んでいるという。

画像 テラスが気持ち良さそう

 日本では、七里ヶ浜店(神奈川県鎌倉市)が08年に、横浜赤レンガ倉庫店(横浜市)が昨年にオープン。2店舗で63万人が訪れ、今も行列が出来る。今回オープンする3店舗目は、お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」にあり、テラスからレインボーブリッジが見える抜群のロケーションだ。


画像 テラスからの景色。レインボーブリッジが目の前に
画像 店内の様子
画像 座席数は206席

 売りは、米New York Timesなどが「世界一の卵料理」と評価した「オーガニックスクランブルエッグ」(1200円)と、はちみつを練りこんだバターを付けて食べる「リコッタパンケーキ」(1400円)。お台場店では、bills初のキッズメニューも用意する。

 さっそく記者も“世界一”を味わってみることにした。オーガニックスクランブルエッグは、ケチャップなどのソースはかかっておらず、かなりシンプルな見た目だ。トースト2枚とバターが添えられている。

画像 うまそうなのキター!

 「素材を生かしたお味になっています」と店員さん。これまで必ずと言っていいほどスクランブルエッグにケチャップをかけて食べてきた記者は「物足りない味なんじゃないの〜」と半信半疑になりつつ、一口食べてみた。

 おおおっんまっ! とてもクリーミーでやさしい味だ。朝食として食べるにはこれくらい控えめな味付けがちょうどいいのかもしれない。とろとろふわっふわな半熟具合もたまらない。トーストにバターと卵をのせて食べれば、程良いしょっぱさがプラスされる。これがセレブの味か!

 お上品な気分に浸りつつ、次はリコッタパンケーキを食す。白っぽい生地の丸いパンケーキに、バターと粉砂糖がかけられている。はちみつも別添えで提供。同じ皿にはバナナものっている。世の甘党が歓喜すること間違いなしの組み合わせじゃないだろうか。

画像 よだれが……

 バターが生地に染みこみしっとりした部分をぱくり。バターの風味が口の中を全速力で駆け抜けていく。バターにははちみつが練りこまれているため、しょっぱさを少し残しつつ、後味は甘いという絶妙なバランスだ。生地自体はシンプルな味。ああ原稿を書きながら思い出しているとよだれが出てきた……。

 記者が食べたのは、サイズが小さめのキッズ用のパンケーキだったが、バナナまでぺろりとたいらげると、お腹いっぱいになった。通常サイズのリコッタパンケーキはさらにボリュームがあるため、2〜3人で分けて食べるとちょうどいい量かもしれない。

画像 甘党の皆さんははちみつをかけましょう

 billsの営業時間は午前9時〜午後11時まで。ちょっと寝坊して、お台場の海を眺めながら優雅な朝食はいかがだろうか。ハンバーガーなどのメニューもあるため、ランチやディナーも楽しめる。座席数は206席で、テラス席はペットもOK(1組1匹まで)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響