ニュース
» 2011年07月28日 09時25分 公開

NAVERはシェアを取れる? スマホゲームの勝機は?――NHN Japanの森川社長が語る日本戦略

再上陸した日本版NAVERは検索分野でどのように戦っていくのか。スマートフォン向けゲーム市場で勝機はあるのか。NHN Japanの森川亮社長が日本戦略を語った。

[山本恵太,ITmedia]

 「コミュニケーションによって情報量が増えれば、それを検索したいというニーズが増えて事業化できる」――韓国NHN本社で開催されたプレス発表会でNHN Japanの森川亮社長がNAVERやハンゲームの日本戦略について語った。

NHN Japanの森川亮社長

 NHN Japanは、韓国最大手の検索サービスNAVERを運営するNHNの日本法人。2000年からハンゲームを日本で展開し、日本版NAVERを運営するネイバージャパンやライブドアの親会社でもある。

 2007年から同社社長を務める森川氏は、「NHN Japanは、韓国NHNのグループ会社ではあるが、日本独自のビジネスモデルを持っている。単純に本国のサービスを持ってくるだけではなく、その国ならではのサービスを作り上げていくことが本当のグローバル展開ではないかと考えている」と語る。そして、再上陸に伴い日本向けにリリースしたのが「NAVERまとめ」だ。

 NHNのサービスの原点は、Q&Aサービス「知識in」を支える“人とのつながり”にある。ハンゲームも同様で、トランプゲームや将棋など、ちょっとした定番ゲームからコミュニティーが生まれ、コミュニケーションが活発になる。森川社長はその先にある検索広告やアイテム課金こそ収益率が高いビジネスモデルだという。

 NAVERは韓国でこそシェア率70%という独走状態を維持しているが、日本版は2001年にスタートし、2005年に撤退。2009年に再上陸した。

 「情報が多ければ多いほど、検索のニーズは高まる。つまり、コミュニケーションの中で情報量が増えれば、結果的にそれを検索したいというニーズも増える。コミュニケーションと検索は分ける必要がないと思っていて、どうすればコミュニケーションのニーズを高め、その中身を情報生産のような価値につなげられるかを考えていく」と森川社長は語り、日本でも検索分野でのシェア獲得は可能であるとの方向性を示した。

「スマートフォンでソーシャルゲームはまだ伸びない」

 ゲーム分野については、今夏の目玉として注目されているオンラインゲーム「TERA」に触れた。韓国でのサービス経験を生かし、課金も含めて相当な規模で反響を得られるだろうと強調した。日本でのクローズドβテスト(CBT)は同時接続1万5000と過去最高を記録し、近々オープンβテストを予定しているという。

 オンラインゲームで圧倒的な存在感を持つNHNだが、スマートフォンでの本格的な展開は始まったばかりだ。スマートフォン向けプラットフォームは他社に先駆けて2010年の夏に始めた。同年末にDeNAのMobageとGREEも参入している。

 これに対し森川社長は、「他社がやってるアプローチは、AppleやGoogleがすでにやっていること。同じような価値、同じようなサービスを提供することに意味はないと考えている。(アプリの)数(がたくさんあるプラットフォーム)はApp StoreやAndroid Marketが実現しているので、質の部分でどれだけブランド力を高められるかにチャレンジしたい」と話す。また、個人的な見解としながらも「スマートフォンでのソーシャルゲームはそんなに伸びないのではないか」と考えているという。

 「スマートフォン上でのソーシャルは、いちいちアプリを立ち上げてつながるというよりは、端末の中にある程度機能として組み込むような形になるのではないかと思っている」。それができ上がるまでは、ハンゲームの原点である定番ゲーム、オンラインゲームがスマートフォンで伸びると考えており、「この2つを徹底的にやりたい」としている。

 定番ゲームは今年だけで50タイトルのリリースを計画しており、韓国で進めている大型のスマートフォンゲームも秋にリリースの予定だ。この2つを武器に勝負をかける。個人の優秀なクリエイターによるゲームや、リアゲー(今いる場所の天気や時間などを反映させたリアルタイムゲーム)もブランド化していきたいと考えている。

 記者から韓国NHNとNHN Japanのゲーム分野での協力関係について質問が出ると、スマートフォン向けプラットフォームが初めての共同開発だったと答えた。スマートフォンゲームも両社で協力して作っており、従来型携帯電話ではできなかったような展開ができると意気込んだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」