コラム
» 2011年07月28日 19時51分 公開

“奇跡の開催”はいかにして実現したか――初音ミク米国公演への道のりを語る(1/2 ページ)

5000人を集め、盛況のうちに終わった初音ミクの米国コンサート。開催までの道のりを、招聘に関わったAnime Expoのスタッフが語る。

[正木良明,ITmedia]

7月初めにロサンゼルスで開催され、海外のボーカロイドファンを沸かせたAnime Expoの初音ミク米国コンサートがいかにして実現したのかを、同イベントのスタッフで、コンサート招聘に関わった正木良明氏が振り返る。


 何もかも異例の事態だった。Anime Expo始まって以来の開催前のチケット完売、実在しないアーティストのコンサート、スタッフにチケット購入を控えるように伝えた連絡メール――経験したことのないことばかりの連続だった。

 過去、何度もコンサートを観て来たノキアシアターではあったが、この広場前の熱気の凄さはいったい何なのだろう。6年間Anime Expoに参加しているが、こんな現象は見たことがなかった。開場前の興奮に満ち満ちた広場で入場列に並びながら、少し前のことを思い出していた。

始まりは2010年

 「アメリカに初音ミクのコンサートを呼びたいが、どうすればいいと思う?」――そんな問い合わせを最初に受けたのは、2010年のまだ寒さの残る3月中旬ごろだったと記憶している。

 その年の3月9日に開催され、成功を収めたミクのソロコンサート「ミクの日感謝祭」のことを知ったAnime Expoの上司からの相談だった。同イベントで過去に2度、ボーカロイド文化をアメリカに紹介するファンパネルを企画して開催した縁で、わたしに白羽の矢が立てられた。それが始まりだった。

 早速実現に向けて動き出したが、スムーズには進まなかった。当初は3月末に開催の「東京国際アニメフェア」の視察に来日したAnime Expo幹部と計画を練る予定だったが、あまりにも急な話だったことなどから、打ち合わせは一旦延期となった。また、私自身コンサートについて相談する窓口も分からず、まずは交渉先を見つけることからのスタートとなった。

 おそらく当時、すでにミクへの海外からの問い合わせやオファーはあったことだろう。だが北米最大のアニメコンベンションとして、ほかの国よりも先に開催したいとAnime Expoスタッフみんなが強く願っていた。

開催を阻んだ問題

 その後招聘に向けた交渉に入ることはできたが、その際に一番大きな問題となったのは、やはり開催予算をどう捻出するかだった。Anime Expo側も、コンサートの規模がどの程度になるか予想も付いていなかった。結局、2011年の開催に際してはスポンサーをつけることになった。

 また、日本から歌手を招いてコンサートを開く場合、ゲストがバンドや小規模の楽団以外は、カラオケ音源を使うのが普通だ。生の音が入るのは、ゲスト自身がピアノを弾いたり、ギターを弾きながら歌うときくらい。ミクのコンサートも、当初はディラッドボードに映像だけを映し、音源はカラオケを使う案もあった。それではあのコンサートの魅力が半減してしまうので、反対したことを覚えている。

 関係省庁(クールジャパン関連など)に資金援助を求めてみよう。アメリカで調達できるもので何とかしよう――。方々にアイデアを求め、いろいろと案を出したが、広告代理店やプロモーターなどの専門家を通さずに簡単に行えるものではなかった。結局、話し合いは結論が出ず、Anime Expoへの招聘活動は終わることになった。気がつけば、桜の葉が落ちる季節になっていた。

 一旦頓挫した計画だが、その後、アスキーによる北米コンサート企画がAnime Expoに持ちかけられ、再び実現に向かい始めた。Anime Expoは当初から誘致する意向があり、先の招聘活動もあって、より具体的な開催に向けた話し合いが再開した。スポンサーをつけることで費用面の問題も解決し、開催に漕ぎ着けることになった。

 2011年、再び桜が咲く季節を迎えたころに、日本での最終打ち合わせが行われた。その前日、来日したAnime Expo側の交渉担当者らと秋葉原を散策し、居酒屋で酒を酌み交わしながら話をしたことを覚えている。交渉担当のエンターテインメント部長は50代前半のアメリカ人で、巡音ルカが好きなボーカロイド音楽ファン。特に「minato(流星P)」がお気に入りで、アキバのショップで同人版CDを買おうとしていたほどだ(結局売り切れで、代わりに商業版を買って溜飲を下げていた)。

 「本当に何千人もの人を呼ぶことができるのか少し心配なのだけど、正直どう思いますか?」。そう聞いたわたしに、彼は茶目っ気をたっぷりに、そして自信を持ってこう答えてくれた。「大丈夫だよマサ! 何にも心配することはないよ、ぜったい大丈夫だから」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」