ニュース
» 2011年09月06日 09時44分 公開

八宝菜の出来上がり:中華包丁にもなる!? そう、MacBook Airならね

「MacBook Air」の薄いボディーが中華包丁に見えてしまった人がいる。しかもその“中華包丁”で八宝菜を作ったそうだ。

[ITmedia]
画像 確かに切れ味良さそうだ(?)

 「MacBook Air」と言えば、アルミを削り出して作った薄いボディーが特徴的だが、このソリッドなフォルムがなぜか中華包丁に見えてしまった人がいる。そしてあろうことか、MacBook Airという名の中華包丁で八宝菜を作り、その様子をブログやYouTubeの動画でリポートしている。

 MacBook Airは「どこをどう見ても中華包丁」とブログで語るのは、“モノヅクリユニット”mochromのサカイエヒタさん。カード10回払いで購入した愛機で友人たちに手料理を振る舞うことにしたという。すごい行動力だ!

 まずはしいたけの調理から。MacBook Airをしいたけの傘の部分に当てる。しいたけがふにゃふにゃしていてやりにくそうだが、ぐっと力を込めて押し込むと、意外と簡単に真っ二つになった。だが、驚くのはまだ早い。MacBook Airが真の実力(?)を発揮するのはここからだ。

 次に登場したのは白菜。意外にもざくざくと軽快に切れている。強敵と思われた芯の部分は、Macbook Airを開けた状態で突き立てると、見事に切り落とされた。動画には「わ、わ、これ、中華包丁だよ」と興奮気味に語る声が入っている。確かに記者も中華包丁に見えてきた。

 この勢いで人参も調理できるかと思いきや、さすがに固すぎたらしく、断念。気を取り直して、薄切りの豚肉を押し切る。脂まみれのMacbook Airがとても心配だが、なんとか成功したようだ。最後はMacbook Airの端で器用にエビの背を開き、八宝菜の下ごしらえは無事終了した。

 と思いきや、デザートが残っていた。サカイエヒタさんが取り出したるは、りんごである。Apple製品でAppleを切るという「タチの悪いだじゃれ」で締めくくるらしい。したたる果汁は気にせずに、Macbook Airをりんごにグサッと差す! 結論、「AppleでAppleは切れる」ことが分かった。

 サカイエヒタさんのブログにはおいしそうな八宝菜の写真が載っている。いや、それにしても無茶しやがって! Macbook Airが中華包丁に見えてしまったかもしれない読者の皆さんも、調理は自己責任でお願いしますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた