ニュース
» 2011年09月09日 11時32分 公開

おままごとってレベルじゃないぞ アメリカのおもちゃハウスがゴージャスすぎ

アメリカで売られているおもちゃハウスが、お値段2万ドル(約154万円)とすごいことになっている。

[ITmedia]

 アメリカで売られているプレイハウス(ままごとハウス)が、本当の家のようですごい。価格も2万ドル(約154万円)と、子どものおもちゃとは思えない金額だ。

ゴージャスです

 Lilliput Play Homesという企業が販売しており、例えばGrand Victorian Playhouseというモデルは横幅17フィート(5.2メートル)×奥行き9フィート(2.7メートル)で、1万9999ドル。ポーチにステンドグラスの窓、暖炉の炉棚、ロフトもついている。子どもが中に入ることもでき(推奨年齢3〜10歳)、オプションで販売している小さなグランドピアノなどを置くスペースもある。好みに合わせてカスタマイズもできるそうだ。

中にも入れます

 このほかにも同社は古城風、警察署や学校、商店を模したプレイハウスを取り扱っており、ほとんどは4000ドル以上。モデルによっては窓の開け閉めができたり、電気を通すこともできるという。キットの形で届けられ、組み立てには2人で4〜8時間かかるそうだ。

古城風や商店風などいろいろ

関連キーワード

おもちゃ | 子供


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた