ニュース
» 2011年10月06日 08時53分 公開

スティーブ・ジョブズ氏、死去 ネットに追悼の声

Appleの創設者で元CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。ネットには驚きと悲しみの声があふれ、ビル・ゲイツ氏らもコメントしている。

[ITmedia]

 米Appleの創設者で元CEOのスティーブ・ジョブズ氏(56)が亡くなった。同社が10月5日に明らかにした。

AppleのWebサイトのトップページ。画像ファイルの名前は「t_hero.png」

 同社取締役会は「非常に悲しいことだが、本日スティーブ・ジョブズが亡くなったことを発表する」と声明文で述べている。「スティーブの才能、情熱、エネルギーは、われわれの生活を豊かにし、良くする無数の革新の源だった。世界はスティーブのおかげで計り知れないほど良くなった」

 同社のWebサイトには、「われわれはビジョナリーでありクリエイティブな天才を失い、世界はすばらしい人物を失った」とジョブズ氏の死を悼むメッセージが掲載されている。

 同氏の家族も声明文を発表し、「スティーブは家族に囲まれて安らかになくなった」と述べている。Microsoftのビル・ゲイツ会長は「非常に悲しい」「スティーブ氏は30年前に初めて会い、人生の半分を通して仲間であり、ライバルであり、友人であった」とコメント。Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは「メンター、そして友人でいてくれてありがとう」と述べている

 Google創設者ラリー・ペイジ氏は「彼はわたしがGoogleのCEOになったときに、具合が悪いのに優しく手をさしのべて、アドバイスと知識をくれた」、サーゲイ・ブリン氏は「Googleを立ち上げたときから、ラリーとわたしはビジョンやリーダーシップの着想を求めるときはいつも、クパチーノ(Apple本社)を見ればよかった」と語っている。

 Twitterのトレンドには「ジョブズ氏が死去」「Steve Jobs」「Remembering Steve Jobs」と関連語が並び、ネットユーザーからは「冥福をお祈りします」「ショックだ」「早すぎる」「もっと長生きしてほしかった」と驚きや悲しみの声が上がっている。

トレンドがすべてジョブズ氏関連語に

 ジョブズ氏は1月に療養休暇に入り、8月末にCEO退任を発表。その後は会長職にとどまっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む