ニュース
» 2011年10月06日 11時36分 公開

「彼はわれわれの世界の見方を変えた」 米オバマ大統領もジョブズ氏死去にコメント

「彼は、われわれ1人1人の世界の見方を変えた」――オバマ大統領がジョブズ氏追悼コメントを発表した。

[ITmedia]

 Apple創設者スティーブ・ジョブズ氏の死去を受け、米バラク・オバマ大統領がコメントを発表した。

 「スティーブ・ジョブズ死去を知ってミシェルもわたしも悲しんでいる」とオバマ氏。ジョブズ氏は「米国の最も偉大な革新者の1人」であり、「違った考え方をする勇敢さ、世界を変えられると信じる大胆さ、それをやれるだけの才能」があったとしている。

 「ガレージから世界で最も成功した企業の1つを作り上げることで、彼は米国人の創意工夫の精神を示した。コンピュータを個人のものにし、インターネットをポケットに入れることで、情報革命を利用しやすくするだけでなく、直観的で楽しいものにした」とオバマ氏はジョブズ氏の功績を評価している。

 また「毎日を人生最後の日であるかのように生きる」というジョブズ氏の発言を挙げ、「そうしたからこそ、彼はわれわれの暮らしを変え、業界全体を再定義し、人類の歴史の中でまれな偉業を成し遂げた」と述べている。「彼は、われわれ1人1人の世界の見方を変えた」

 「世界はビジョナリーを失った。世界の多くの人が彼の発明したデバイスで彼の死を知ったという事実以上に、彼の成功をたたえるものはないかもしれない」

 ジョブズ氏は2月に、業界幹部を集めたオバマ氏の会合に出席し、隣に座っていた。

2月の会合での様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」