ニュース
» 2011年10月17日 11時53分 公開

「幻の名画!!! 見つかっちゃいました」 ルドン展のサイトが折込チラシっぽいと話題

ルドン展のティザーサイトのデザインが衝撃的すぎると話題に。絵よりも目立つ大きな文字。スクロールしても追いかけてくるアニメーションGIF。「幻の名画!!! 見つかっちゃいました!!!」というフレンドリーなノリ……なんだか折込チラシっぽいぞ。

[ITmedia]
画像 絵が隠れちゃってます

 来年1月17日〜3月4日に三菱一号館美術館(東京・丸の内)で開催される「ルドンとその周辺―夢見る世紀末」展のティザーサイトがこのほどオープンし、「デザインが衝撃的すぎる」とネットで話題になっている。そこはかとなくWeb1.0な雰囲気も漂わせるこのサイト。どれどれ……見てみよう。

 まず目に飛び込んでくるのは、画家オディロン・ルドンの絵「グラン・ブーケ」。その絵に重なるように「グラン・ブーケ」と大きな赤文字が書かれている。ほかの説明文もピンク色や水色で書かれている上、フォントはばらばら。なぜか絵よりも文字が目立っている。折込チラシを連想させるようなド派手さだ。

画像 アニメーションGIFが追いかけてきます

 サイトを縦にスクロールすると、「やってきた!!!」「あの! 幻の!」「“グランブーケ”」「やったね!」「日本初公開!!!」と書かれた、ページ両脇のアニメーションGIFが追いかけてくる。下の方にある説明文も「ずっと眠っていた幻の名画!! 見つかっちゃいました!!!」とフレンドリーなノリ全開だ。

 これを見たネットユーザーの間では「な、何があったの?」「すごいインパクトだ!」と話題に。「ルドンなのにあんまりです」「パリのルドン展をみたときは仄暗い中でひっそりと咲くという雰囲気だったが……」と多少ショックを受ける美術ファンもいるようだ。とは言え、多くの人の興味を引くというティザーサイトの目的は達成した……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響