ニュース
» 2011年10月20日 16時59分 公開

デジタルコンテンツEXPO 2011:見た目はちょっとアレだけど、拍手だけは一流です ロボット「音手」オンステージ!

本物そっくりな2本の腕だけというシュールな見た目のロボット「音手」が「デジタルコンテンツEXPO 2011」に登場。音楽に合わせてさっそうと手拍子し、自らの演技にも拍手。開発者は「いいね!」ボタンと連動させるという構想も練っているそうだ。

[笹山美波,ITmedia]
画像 音手が2体。ちょっとシュールな絵面

 両手のひじから先だけというシュールな形のロボット「音手(おんず)」が、「デジタルコンテンツEXPO 2011」(10月20〜22日、日本科学未来館)で展示されている。このロボットができることはただ1つ。拍手すること。でも拍手に対するこだわりは、半端ではないのだ。

 実際の人間の腕を型取りして作ったロボット。筋肉や肌は超軟質ウレタン樹脂で再現し、骨はアルミで成形している。手の平を触ってみると本物のようにちゃんと柔らかくて肉厚で、内側の骨もしっかり硬い。手のひらは少し丸まっているので、拍手するとこもった高くて強い「パンパン」という張りのある音が出る。

 デモでは、グランド・ファンク・レイルロードの「ロコ・モーション」、童謡の「幸せなら手をたたこう」に合わせ、「パパン、パン!」とリズミカルな手拍子を披露した。事前に組み込んだプログラムによる自動操作で、演奏後は自らの演技に拍手! 2本の腕が織り成すシュールな演出は、取材に駆けつけた記者たちの笑いを誘っていた。

 製作したのは慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程3年の高橋征資さん。コンピュータミュージックを研究していた大学時代に「生音響」を操作したいと思い、2009年4月から作り始めた。最初に作ったロボットは完成度が低く、拍手しているうちに指が飛んでいってまうといった不具合が頻発。研究を重ね、今回発表した2作目が今年1月に完成した。

 今後は、手のひらの開き具合や手の向き、人の興奮度合いなどによって微妙に変わる拍手の様々な音・リズムを音手で再現していくという。お笑いライブの会場に音手を設置し、ネット越しにライブを見る人が「いいね!」ボタンを押せば、現場の音手が拍手する――そんな仕組みの開発も進めていると話していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン