ニュース
» 2011年10月20日 16時59分 公開

見た目はちょっとアレだけど、拍手だけは一流です ロボット「音手」オンステージ!デジタルコンテンツEXPO 2011

本物そっくりな2本の腕だけというシュールな見た目のロボット「音手」が「デジタルコンテンツEXPO 2011」に登場。音楽に合わせてさっそうと手拍子し、自らの演技にも拍手。開発者は「いいね!」ボタンと連動させるという構想も練っているそうだ。

[笹山美波,ITmedia]
画像 音手が2体。ちょっとシュールな絵面

 両手のひじから先だけというシュールな形のロボット「音手(おんず)」が、「デジタルコンテンツEXPO 2011」(10月20〜22日、日本科学未来館)で展示されている。このロボットができることはただ1つ。拍手すること。でも拍手に対するこだわりは、半端ではないのだ。

 実際の人間の腕を型取りして作ったロボット。筋肉や肌は超軟質ウレタン樹脂で再現し、骨はアルミで成形している。手の平を触ってみると本物のようにちゃんと柔らかくて肉厚で、内側の骨もしっかり硬い。手のひらは少し丸まっているので、拍手するとこもった高くて強い「パンパン」という張りのある音が出る。

 デモでは、グランド・ファンク・レイルロードの「ロコ・モーション」、童謡の「幸せなら手をたたこう」に合わせ、「パパン、パン!」とリズミカルな手拍子を披露した。事前に組み込んだプログラムによる自動操作で、演奏後は自らの演技に拍手! 2本の腕が織り成すシュールな演出は、取材に駆けつけた記者たちの笑いを誘っていた。

 製作したのは慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程3年の高橋征資さん。コンピュータミュージックを研究していた大学時代に「生音響」を操作したいと思い、2009年4月から作り始めた。最初に作ったロボットは完成度が低く、拍手しているうちに指が飛んでいってまうといった不具合が頻発。研究を重ね、今回発表した2作目が今年1月に完成した。

 今後は、手のひらの開き具合や手の向き、人の興奮度合いなどによって微妙に変わる拍手の様々な音・リズムを音手で再現していくという。お笑いライブの会場に音手を設置し、ネット越しにライブを見る人が「いいね!」ボタンを押せば、現場の音手が拍手する――そんな仕組みの開発も進めていると話していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」