ニュース
» 2011年10月21日 12時06分 公開

ひかえおろ〜!:皆の者、記者は上様になるのじゃ! 「暴れん坊将軍」型寝袋を着てみた

ネットで話題になった「立って歩ける将軍寝袋」を記者が着てみた。立って歩けて上様になれて、仕事中の仮眠にもぴったりなのじゃ!

[宮本真希,ITmedia]

 立って歩けて上様になれる「暴れん坊将軍」型寝袋をご存知だろうか。サントリーのプレゼントキャンペーンで、ビール類に付いているシールを集めて応募すると抽選で当たるアレだ。知らないという方は特設サイトでチェックしてみてほしい。10人に7人くらいは吹き出すと思う。そのくらいのインパクトだ。

画像 これがその寝袋

 この寝袋は人型になっており、両足を通して2足歩行できる。手足を自由に動かせない筒状の寝袋と違って窮屈感は無し。ダウン素材で暖かく、アウトドアのほか、家で使えば暖房代の節約にもなりそうだ。そして何より模様が素敵。表面には着物や袴、刀の模様をプリントし、ちょんまげ型のフードも付いている。寝袋のアウトドアっぽさと上様のきらびやかさがあまりにミスマッチすぎてツボだ。

 キャンペーンが始まるやいなや、「すげえ」「これほしい」「笑いすぎて涙出てきた」と、Twitterなどで話題になった。「寝袋の新時代」と評する人もいた。記者も、寝袋のシュールすぎるフォルムに心を射抜かれた1人だ。上様になれる機会など人生に何度も訪れるものではない。余も着てみたい。着てみたいでござる!

 思い切ってサントリーの広報部に連絡してみた。「あの……上様の寝袋をレビューしたいと思っていまして……」。恐る恐るレンタルのお願いを申し出る。すると「製作中の寝袋ができあがったらすぐに貸し出しの手配をします」との回答が。待つこと約1週間。寝袋が到着したのだった。ついにキター!


画像 意外とでかい
画像 広げるとこんな感じ。内側はオレンジ色
画像 「上様ダウン」のタグが

 身長180センチまで対応しているこの寝袋。広げてみるとなかなかデカイ。身長150センチの記者にはちょっと大きいか? とにかく着てみよう。自宅に帰って寝るその時まで我慢できなかったので、会社で袖を通す。まずは右足からずぼっ。続いて左足をずぼっ。つま先部分をたぐり寄せた。着ぐるみみたい。

 次はそのまま両手を通す。手首から先を外に出せるので、物を持ったりできて便利だ。胸側のファスナーを首元まで上げ、これで装着完了。シルエットは、宇宙飛行士が船外活動時に着ている宇宙服か、スノーボードウェアに似ている。しかもあったか〜い。気持ちよくなって何もする気が起きなくなってきたな。


画像 足から
画像 寝袋と格闘
画像 装着! 頭でかい

 そのままオフィスのソファーにごろんと寝転んだ。フードのひもをひっぱれば、顔を覆い隠すことも可能で、明るいオフィスで寝るときもまぶしくない。時間は午後8時。なんだすでに残業中じゃねえか。よし、仮眠だ、仮眠! ロックコンサートでうっかり居眠りしたことがあるくらい、どこでも寝られるのが特技の記者。上様寝袋があれば5秒で寝落ちそう……。

画像

 と思ったら上司に叩き起こされた。「もう一仕事残ってるよ」「……」。「このお方をどなただと心得る!」などと誰かが上様のために一喝してくれるはずもなく、素直に起きる。上様になったのに……残業なんて……現代社会は世知辛い。寝袋を着たまま、とぼとぼと自席に戻る。記者が短足のためか、裾は豪快に引きずっている。でも、裾は引きずっていたほうが大名っぽくて良いかも。松の廊下を歩く浅野内匠頭みたいなイメージだ。


画像 むくり
画像 裾が長いというか記者の足が短い
画像 上司に促されて仕事に戻るの図

 寝袋を着たままPCに向かう。イスに座った状態でも特に問題なし。顔はほぼフードに隠れているため、傍目からは立派なちょんまげの上様が座っているようにしか見えないはずだ。仕事の無茶ぶりも減るかもしれない。さ〜って世を欺きながら仕事するぞ! 1時間くらい着ていたら暑くてぼーっとしてきたが集中だ! 俺、この仕事が終わったら冷たいビール飲むんだ……でも……Zzzz。

画像 仕事中
画像 眠い…。フードをかぶって居眠り隠し
画像 Zzzz
画像 身長180センチの男性が着るとこんな感じ。記者より上様度が高い

 サントリーのキャンペーンでもらえる賞品は寝袋のほかにも、一面に葵の御紋が入った「御紋づくし」ダウンコートや、め組のはっぴ風ダウンジャケットなどがあり、大変ユニークなラインアップとなっている。応募は11月21日まで受け付けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり