ニュース
» 2011年10月31日 14時19分 公開

ジョブズ氏の妹が追悼文 最期の言葉語る

ジョブズ氏の妹で作家のモナ・シンプソンさんがNew York Timesに追悼文を寄稿。同氏との思い出を語っている。

[ITmedia]
ジョブズ氏追悼サイト

 10月5日に亡くなったApple創設者スティーブ・ジョブズ氏の妹で作家のモナ・シンプソンさんが10月30日、New York Timesに「スティーブ・ジョブズへの妹の追悼」を寄稿した。

 ジョブズ氏は生まれてすぐに養子に出されたため、シンプソンさんが同氏に初めて会ったのは1985年、25歳のときだった。初めて会ったジョブズ氏は「ジーンズをはいた同年代の男性で、アラブ人またはユダヤ人風に見え、(俳優の)オマル・シャリーフよりハンサムだった」とシンプソンさん。同氏はコンピュータ関係の仕事をしていると言い、とんでもなく美しいものを作ろうとしていると話した。

 シンプソンさんは、ジョブズ氏が最も重んじていたのは目新しさではなく、美しさだったこと、トレンドやギミックは好まなかったこと、イノベーターにしては非常に忠実で、気に入ったシャツがあれば10着でも100着でも注文したことを語っている。また、若くして成功した同氏は、その成功が自身を孤立させていると感じていた。同氏の選択の多くは、自身を取り巻く壁をなくすためのものだったという。百万長者でありながら、同氏はいつもジーンズ姿で空港に妹を迎えに来た。「スティーブは謙虚だった。学び続けることが好きだった」

 病気になってからも、ジョブズ氏は具合のいいときにはプロジェクトを始め、Appleのスタッフからプロジェクトを完成させるという約束を引き出していた。船を作って家族で旅をする計画も立てていた。その計画はかなわず、ジョブズ氏は5日、彼女や妻のローリーンさんに看取られて亡くなった。最期の言葉は「OH WOW. OH WOW. OH WOW」だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン