ニュース
» 2011年11月09日 21時40分 公開

「落ち込んでたけれど、みんなの優しさに励まされた」――大怪我を負った「BLAZBLUE」ユーザーのために、ゲーセン仲間たちがしてあげたこと日々是遊戯

本当にあったゲームのイイ話。仲間がゲーマー生命を絶たれるかどうかの瀬戸際に立ったとき……あなたなら何をしてあげますか?

[池谷勇人,ITmedia]

ゲームが生んだ感動の絆

 ゲームセンターの苦境が叫ばれる昨今ですが、一方ではゲームセンターという「生」の空間でしか生まれ得ない、絆やドラマといったものも間違いなくあります。先日、名古屋市のゲームセンター「アーバンスクエア大須店」で開催された「BLAZBLUE -CONTINUUM SHIFT II-」の大会は、まさにそんな“ゲームセンターならではの絆”が生んだものでした。

 開催のきっかけとなったのは、格闘ゲーム大会「闘劇」本戦への出場経験もある「しのはら」さんが、ふとした事故で右手をケガしてしまったこと。ケガの状況はかなり重く、人差し指に至っては切断寸前、中指も骨と伸筋健に達するほどの重傷だったそうです。

 当然ながら、格闘ゲーマーにとって指は命に等しく、うまく指がつながったとしても、今までどおりゲームができるかは限らない……。「何か自分たちにできることはないだろうか?」と仲間たちは考え、そして企画されたのが今回の大会でした。

画像 当日の様子については、格闘ゲーム総合サイト「Fighters Front Line」にてリポートされています

 主催したのは、しのはらさんのゲーマー仲間のひとりである「まさやん」さん。チャリティ大会ということで、参加料金は1人200円+しのはらさんへのカンパ代。「少しでもしのはらさんの負担を軽減できれば」という呼びかけはたちまち拡散され、大会当日は62名ものプレイヤーがしのはらさんのために集まったそうです。

「ケガをした直後は本当にショックで、何も考えられないくらい精神的に落ち込んでました。そんなとき、みんなから応援のメッセージをたくさんいただいて、どれだけ励まされたか分からない。普段ゲームセンターでしか会わないような人たちまで、その枠を跳び越えて応援してくれたんです。自分はただ格闘ゲーム歴が長いだけで、そんな応援してもらうような大した人間じゃない。ただもう、まわりが優しかった。本当に幸せ者です」(しのはらさん)

 余談ですが、大会を主催したまさやんさんとは“トムとジェリーのような関係”だそうで、「いつも会えば口喧嘩ばかりしていたまさやんが、まさか自分のためにここまでしてくれるなんて思わなかった」としのはらさん。まるで漫画かドラマのような話ですが、やはり持つべきものは良きライバルといったところでしょうか。

 なお、しのはらさんがケガをしたのは9月のことで、現在も治療とリハビリのため入院中。人差し指の感覚はまだ戻らないそうですが、中指、薬指、小指を使えばボタンは問題なく押せるとのことでした。さすがに以前と同じ動きを取り戻すにはまだかなりの時間がかかるでしょうが、しのはらさんならきっと乗り越えられるはず。仲間の応援に応える意味でも、1日も早くゲームセンターに復帰できるよう願っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる