ニュース
» 2011年11月19日 09時25分 公開

ゲーム販売店を殺す「無断予約キャンセル」問題。店によっては数百本単位でのキャンセルも日々是遊戯

ある量販店に掲示された予約キャンセルについての貼り紙を発端に、ゲームの無断予約キャンセルについての議論が盛り上がっています。

[池谷勇人,ITmedia]

引き取り率1割というケースも

「ヨドバシ秋葉のエロゲコーナーでは予約キャンセルが多くて困ってるらしい」

 そんなつぶやきからはじまった、ゲームの予約に関する議論がTwitterを中心に盛り上がっています。主要なつぶやきはTogetterの「予約キャンセルにより起きる深刻な問題」というトピックにまとめられています。

画像 Twitpicに投稿された、ヨドバシカメラ秋葉原店の貼り紙の画像

 そもそもの発端は、Twitpicに投稿された「当社にて予約をされるお客様へ」という貼り紙の画像でした。貼り紙はヨドバシカメラ秋葉原店のアダルトPCソフトコーナーにあったもので、要約すると――

「予約を無断でキャンセルする人が非常に多く、このままキャンセルが増え続けると予約コーナーの維持が困難になってしまう」

「11月18日以降、無断で予約をキャンセルするお客さまについては今後予約をお断りさせていただく」

 という内容。これには同じゲーム取り扱い店も「他人事ではないですね」などと反応しているほか、別のユーザーからは「話を聞くと数百件というレベルではないらしい」といったコメントも。ゲームは1本あたりの利益が少ない商材で、しばしば「10本売れても1本売れ残れば赤字」とも言われます。1つの店舗で数百件ものキャンセルが発生すれば痛手どころの騒ぎではありません。

 一方、こうした「無断キャンセル」が発生しやすくなっている背景として、昨今の「予約キャンペーン」の加熱ぶりにも問題がある、と指摘する声もあります。最近では販売店ごとに別々の予約特典を用意しているゲームも多く、それらの特典を手に入れるため、最初からソフトはキャンセルするつもりでとりあえず予約してしまうユーザーが後を絶たないのだそうです。もちろん無断キャンセルが悪いというのは大前提ですが、「予約数稼ぐために特典内容も決めないうちに早期予約キャンペーンをしたり、予約キャンペーン最終日まで延期発表しなかったりと、ユーザー側ばかりに問題があるとは言えないと思う」といった声もあがっています。

 また販売店側で積極的に発言しているのが、最初に「他人事ではない」と反応していた、WonderGOO名古屋大須店のアカウント(@wgnagoya)。やはり予約キャンセルは「ここ最近顕著に多くなって」いるそうで、中でも多いのが「いわゆる『転売ヤー』の予約未引き取り」や、「とりあえず店舗特典付くと思うところで全部予約して、気に入った店で買えばいい」というケースなのだそう。またゲームのみならず書籍やCDなどでも無断キャンセルは問題視されており、ひどい場合は「引き取り率1割、店頭放出後の販売数0」といった商品もあったとのこと。こうした状況が続けば、最終的には次回作の入荷数を減らさざるを得ないと警鐘を鳴らしています。

 もちろん予約には便利な面もあり、ユーザーは欲しいゲームを確実に購入することができますし、メーカーや販売店も事前に「確実に売れる数量」を把握することでソフトの販売機会を増やすことができます。しかし、こうしたメリットもすべては「確実に買う意志がある」という販売店とユーザーの信頼関係が前提にあってはじめて成立するもの。無断での予約キャンセルはそうした信頼関係を破壊する行為だ、ということを今一度考えておく必要があるのかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」