ニュース
» 2011年11月21日 15時24分 公開

そんな言葉もありましたねえ Twitterで「#お前らの今年の流行語大賞」が盛り上がる

Twitterユーザーたちが、ハッシュタグ「#お前らの今年の流行語大賞」で、今年盛り上がった言葉を振り返っている。記者のイチオシは「ほむほむ」!

[ITmedia]
画像

 先日「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表されたが、Twitterユーザーたちもハッシュタグ「#お前らの今年の流行語大賞」で、今年盛り上がった言葉を振り返っている。アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキュゥべえの名せりふ「僕と契約して、魔法少女になってよ!」や、震災直後に休みなく政府会見を続けた枝野幸男前官房長官への叱咤激励「枝野寝ろ」まで、バラエティーに富むラインアップだ!

 投稿の一部はNEVERまとめで、「社会」「ネット」「アニメ」のカテゴリ別にまとめられている。「社会」では「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされている「ぽぽぽぽーん」が、「ネット」部門ではコラ画像でおなじみの照英さんや川越達也シェフの名前が。ネットで愛されまくってプログラミング言語にもなった、京浜急行電鉄のあのネタ「ダァシエリイェス」もある。

 「アニメ」では、「魔法少女まどか☆マギカ」の「僕と契約して、魔法少女になってよ!」や「ほむほむ」が。「輪るピングドラム」の「生存戦略しましょうか」も人気だったようだ。記者のイチオシは、日常でもついつい使ってしまう「ほむほむ」かなぁ……。挙げていけば切りがない流行語の数々に、「過去ツイートから自動で割り出してほしいよ」と嘆くユーザーもいる。

 ちなみに産経新聞編集企画部が運営している「ネット流行語大賞2011」は12月1日に発表予定。候補には、「ブヒる」「アナロ熊」「ヤシマ作戦」などが挙がっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」