ニュース
» 2011年11月22日 13時51分 公開

ヒトカラってこんなに楽しいんですね! 神田の1人カラオケ専門店に潜入してみたテンションアゲアゲ!

オープン直前の1人カラオケ専門店「ワンカラ」に記者が潜入。取材だし控えめに1曲だけ……のつもりだったのだが、なんだこれっ想像以上に楽しい。ハンズフリーで歌える備え付けのマイクに向かうとレコーディング中の歌手のような気分も味わえる。

[宮本真希,ITmedia]
画像 ヘッドフォンを付けて歌います

 1人カラオケ(ヒトカラ)専門店「ワンカラ神田駅前店」が11月25日にオープンする。22日には店内が一足早くメディアに公開された。ヒトカラ初体験の記者も早速突撃。取材だし控えめに1曲だけ……のつもりだったのだが、なんだこれっ想像以上に楽しいぞ。どうしよう! ということで、テンション高めでリポートさせて頂きます。

 ワンカラは、1人用の個室のみを備えたカラオケ店。「何名様ですか?」「1人です」という、あのちょっと気恥ずかしい瞬間なしで思う存分ヒトカラできる。全24部屋あり、女性専用ゾーンも設けた。内装は宇宙船っぽい雰囲気で、店では個室を“ピット”と呼んでいる。ドリンクが飲み放題のカフェスペースもある。


画像 内装は宇宙船っぽい雰囲気
画像 こちらは女性専用ゾーン
画像 カフェスペースも

 ピットは漫画喫茶の個室くらいの広さ。カラオケ機材を収納した机と革張りのイスが用意されており、正面の壁に液晶ディスプレイがかかっている。机の前に座ってみると……あ……予備校の自習室みたい、と一瞬受験生の頃の苦い思い出が蘇りかけたが、マイクを見つけて再確認。やっぱりここはカラオケルームだ。

 ワンカラではハウリング対策のためスピーカーから音を出さず、ヘッドフォンを付けてカラオケを楽しむ。マイクは、ピットの壁から伸びたアームの先に付いており、ハンズフリーで歌える。アームの高さは自由に調節できるため、歌うときは立っても座ってもOKだ。ピットには通常のハンドマイクも用意されているが、アームに取り付けられたマイクの方が高感度でお勧めという。

 さあ早速歌ってみよう。隣のピットからはさっきからノリノリな歌声がかすかに聞こえてきている。メディア向け内覧会だから、きっとお隣さんも取材で来ているはずだが、なんというテンションの高さ。ヒトカラはきっと楽しんだろう。記者も負けないくらい盛り上がっていくぞーっ(おーっ!)と、1人で気合いを入れる。


画像 予備校の自習室や漫画喫茶の個室くらいの広さ
画像 では1曲いかせていただきます

 ヘッドフォンを付け、カラオケの定番曲「残酷な天使のテーゼ」をセットした。ヒトカラバージンは、これまで何度も歌ってきたこの曲に捧げるぜ。おなじみのイントロが流れ始め、ディスプレイには新世紀エヴァンゲリオンの映像もキター! 恐る恐る歌い始める記者。取材中に歌うという慣れない環境に少し緊張して音程を外したが、問題なし。だってここは他人の目が気にならないヒトカラさ。

画像

 風呂場で歌うような爽快感にいざなわれ、すっかり気持ち良くなってしまった。テンションが高まってきたところで、マイクのアームを上げ、立って歌う。顔の前にマイク、頭にはヘッドフォン……これってレコーディングしている歌手みたいじゃないか。調子に乗って、眉間にシワが入るくらい気持ちを込める。ヒトカラがこんなに楽しいとは知らなかったぜ。ただし個室は狭いのではしゃぎすぎには注意(記者は手を広げすぎて壁にぶつけた)。

 ストレス発散にもってこいなワンカラ神田駅前店の場所は、JR神田駅東口徒歩1分の共伸会館ビル5階。営業時間は午後0時〜翌朝6時。料金はドリンクバー付きで、昼(午後0時〜午後6時)が1時間600円、夜(午後6時〜午前6時)が1時間1100円。ナイトパック(午前0時〜午前6時)は2600円。別途ヘッドフォンのレンタル代がかかる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  6. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  7. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  8. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた
  9. /nl/articles/2111/30/news018.jpg 「人魚が入ったソーダ」を出す海の家、飲んでしまったら何が起こる? ミステリアスな怪異を描いた漫画
  10. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」