ニュース
» 2011年11月24日 09時29分 公開

スカウターどころじゃない:目に装着するコンタクトレンズ型ディスプレイ、欧米の研究者が開発

コンタクトレンズ型ディスプレイはまだ1ピクセルだが、いつかはナビ情報をコンタクトレンズに表示したり、ゲームに活用できるかもしれない。

[ITmedia]
プロトタイプ(上)。ウサギに装着したところ(下)

 目に装着できるコンタクトレンズ型ディスプレイを、海外の研究者が開発した。いつかコンタクトレンズにナビ情報を表示するといったことが可能になるかもしれない。

 このディスプレイはわずか1ピクセル。コンタクトレンズにアンテナや500×500マイクロ平方メートルのシリコン、マイクロLEDを含む750×750マイクロ平方メートルの透明チップなどを搭載し、ワイヤレスで情報の受信と給電を行う。米ワシントン大学とフィンランドのアールト大学の研究者が開発した。

 プロトタイプを生きたウサギに装着させてテストしたところ、ウサギへの悪影響は見られなかったという。

 研究者は今後マルチピクセル化を考えており、電源の改善も課題として挙げている。プロトタイプはウサギに装着しているときは、電源から数センチ以内でないと動かない(非装着時は1メートル以内)。

マルチピクセルディスプレイのコンセプト図

 「1ピクセルのディスプレイは、ゲームやトレーニング、聴覚障害者向けのアラートに活用できるだろう」と研究者は述べている。「数ピクセルあればナビゲーション情報を表示でき、数百ピクセルなら短いメールが読める」。高解像度のフルカラーコンタクトレンズ型ディスプレイの実現は何年も先かもしれないが、短期〜中期的に実現可能なデバイスへの明確な道筋は描かれているとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」