ニュース
» 2011年11月24日 18時29分 公開

日々是遊戯:「うちの夫、売ります」――旦那のゲーム中毒に困った奥さんがとった行動とは

うちの旦那がゲームばかり遊んでて――。相談サイトなんかではわりとよく見かけますが、そういう時はいっそ売ってしまうのも手かもしれません。

[池谷勇人,ITmedia]

夫がゲーム好きで困っている人は参考に!

 北米のコミュニティサイト「Craigslist」に投稿された、あるユニークなメッセージが話題になっています。その内容は「うちの夫、売ります」というもの。……ええっ、旦那さん売っちゃうの!?

 投稿者は、ユタ州に住むアリス・バッドリーさん21歳。アリスさんは22歳になる夫・カイルさんと昨年結婚したばかりでしたが、暇さえあれば「コール・オブ・デューティー」ばかり遊んでいる夫にすっかりご立腹。それで思いついたのが今回の「夫、売ります」作戦でした。アリスさんが投稿したメッセージは次のようなもの。

「うちの夫を買ってくれる人を募集します。1日中食べるかゲームするかばかりしていますが、世話をするのは簡単。3〜5時間おきに水と食べ物を与えるだけです。ただしゲームとインターネットができる環境は必須。トレードの希望があれば応じます」

 ひどい言われようですが、もしも旦那さんがこれを見たら、少しは自分の行いを反省したのではないでしょうか。アリスさんが書き込んでしばらくすると、「私がカイルを訓練して、後で返してあげる」という女性や、「よかったら僕と交換しませんか? ちなみにゲームより読書が好きです」という男性など、数人の読者から実際にリアクションがあったそうです。

 アリスさんはその後ABCNewsのインタビューに答えており、それによると「もちろんジョークのつもりでしたし、私は夫を愛しています」とのこと。カイルさんは現在、以前ほど「コール・オブ・デューティ」にのめり込んではおらず、また感謝祭にはカイルさんの姉妹と一緒にフロリダでゆっくりと過ごす予定なのだそう。どうなることかと思いましたが、結果的には丸く収まったみたいでなによりですね。

 余談ですが、アリスさんは「夫、売ります」の書き込みをする直前、カイルさんの母親に「あなたの息子さんを売っちゃおうと思いますが、いいいですか?」と相談したのだそう。それを聞いたお義母さん、自分の息子が今にも競売にかけられようとしているのに「あら、おやりなさいよ!」とノリノリだったとか……。

画像 左が売られそうになった旦那さん。なんだかんだで仲の良い夫婦なのかも(※写真はABCニュースから)

関連キーワード

ゲーム | Call of Duty | 日々是遊戯 | 夫婦 | 結婚


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」