ニュース
» 2011年11月24日 21時17分 公開

リゾットで補完:パターン赤、トマト麺です!――エヴァのコラボラーメンを食べてみた

エヴァとラーメン店「太陽のトマト麺」がコラボした、レイとアスカをイメージしたラーメンが11月26日から期間限定で販売される。冬の寒さで冷え切った体に染みる、真っ白と真っ赤なラーメンを一足お先に試食してきた。

[笹山美波,ITmedia]
画像 舞台は「太陽のトマト麺」新お茶の水店

 パターン赤、トマト麺です!――11月26日から期間限定で販売される、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とラーメン店「太陽のトマト麺」のコラボラーメンが、発売より一足早くメディアに公開された。ラーメンもエヴァも大好きな記者だが、絶賛ダイエット中。食べちゃダメだ、食べちゃダメだ、食べちゃダメだ……と思いつつも、やっぱり我慢できない。ということで「レイの豆乳パイタン麺」と「アスカのトマト麺」(ともに880円)を試食することに。記者、発進っ!!


画像 「レイの豆乳パイタン麺」はほっこりするマイルドな味わい
画像 鮮やかな赤色のスープが特徴の「アスカのトマト麺」

 レイの豆乳パイタン麺は、通常メニューの「鶏パイタン麺」のスープに豆乳を加え、レイのイメージカラーである白を表現した。しめじ、トマト、鶏チャーシューといった具材が入っており、にんにく風味が効いている。チーズもたっぷり乗っており、見た目はこってりしているが、割とあっさりしたスープだった。クリーミーな味わいに飽きたら、トマトをつまもう。口の中をさわやかにしてくれ、いい箸休めになるし、ああもう! 美味! ちなみに“チャーシュー抜き”の注文にも対応してくれる。

 アスカのトマト麺は、アスカのイメージカラーである赤色のスープがベース。太陽のトマト麺の定番メニュー「トマト麺」を1から作り直したそうで、Oh! 想像以上に赤い! なすやパプリカ、アスカの出身国ドイツにちなんだソーセージとポテトなど、トッピングは洋風で具だくさんだ。スパイシーで酸味のあるスープでさっぱり食べられる。ラーメンというよりはトマトスープのパスタという感じだが、これはこれでアリだ。


画像 「ヱヴァンゲリヲン書き下ろしラーメン鉢」
画像 レイと
画像 アスカがっ

 麺が食べ終わったら、スープにご飯を入れてリゾットにしよう。「らぁリゾ」(150円)を注文すると、フライドオニオンやスパイスが乗ったご飯がでてくるので、それをスープに豪快に入れて食べるのだ。これがまた格別。ラーメンでお腹いっぱいになったはずが、リゾットは別腹(?)なのかスルスルと完食してしまった。そういえば、ラーメンが入っている丼は、レイとアスカの絵が描かれておりとてもかわいいので、こちらにも注目してほしい。

画像 松本きよりさんは女性でも入りやすいラーメン屋を日夜探し回ってるそう。「太陽のトマト麺」も、女性にお勧めしたいお店の1つとのこと

 今回のコラボラーメンは、女性のためのラーメン本「女子ラーメン部」の著者・松本きよりさんが企画した。もともとエヴァが好きだった松本さんは「レイをイメージした白いラーメン、アスカをイメージしたトマトラーメンを作りたい」と考え、庵野秀明監督が代表を務めるカラーに提案。1年2カ月かけて実現したという。

 太陽のトマト麺に協力を仰いだのは「首都圏にいくつか店舗を持っており、アスカをイメージさせる鮮やかなトマトラーメンを提供できるのは太陽のトマト麺さんくらいしかない」と思ったから。商品が完成した直後に行われた関係者による試食会では「豆乳パイタン麺の方が人気だった」と振り返る。

 「女性のためのラーメンとして作ったので優しい味わい」だが、「もちろん男性にも食べて欲しい」と松本さん。記者は松本さんに「どちらのラーメンが好みですか?」と逆取材されてしまったのだが、う〜ん。悩ましい。「にんにくラーメン チャーシュー抜き」に近いのは豆乳パイタン麺だが、シメのリゾットを合わせるなら、トマト麺がお勧めかなあ。

 販売期間は12月25日まで。各店舗の店頭では現在、らぁリゾ無料券が2枚付いたチケットを期間限定で配っている(終了日は未定)。販売期間中にいずれかのラーメンを3杯以上食べると抽選で500人にオリジナル丼が、先着で1万人にオリジナルクリアファイルをプレゼントする。


画像 プレゼントキャンペーンの「クリアファイル」のアスカかわいすぎる。今っぽい女子っぽく書き下ろしてもらったそう
画像 今回のイラストの原画。こちらはレイ
画像 アスカのポーズがいちいちかわいい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐