ニュース
» 2011年11月25日 14時36分 公開

あるオンラインゲームで「10万円の課金アイテム」が2000個も売れちゃった理由日々是遊戯

海外のMMORPG「Darkorbit」で、1000ユーロ(約10万円)の課金アイテムを販売したところ、4日間でなんと2000個も売れてしまったそうです。

[池谷勇人,ITmedia]

売る方も買う方もおかしい?

画像 「Darkorbit」のゲーム画面。基本プレイ無料のスペースMMORPGです

 海外ニュースサイト「GAMESbrief」で、あるオンラインゲーム内で販売された「10万円の課金アイテム」が話題になっています。どうせ客寄せ目当てなんでしょ……と思っていたら、なんと4日間で2000個も売れちゃったんだとか。えっ、ちょっ、どういうことなの?

 ユーザーが遊んでいたのは、ゲームポータルサイト「Bigpoint.com」で提供中の「Darkorbit」というオンラインゲーム。広大な宇宙を舞台にした基本プレイ無料のスペースMMORPGで、プレイヤーは3つの勢力に分かれてスペースシップを強化しながら銀河の覇権を争っていきます。

 今回販売されたのは、本作に登場する「ドローン」の中でも最強と言われる「ZEUS」の所有権。ドローンというのはプレイヤーと一緒に戦ってくれるオプションのようなもので、特に「ZEUS」はその中でも入手が難しく、普通の手段で手に入れようとすると膨大な数のレア素材と合成費用がかかるのだそうです。

 販売価格は1000ユーロ/1334ドルで、日本円に換算するとおよそ10万円。ゲームをプレイしていない人からするとあり得ない価格に思えますが、裏を返せばそれだけZEUSの入手難度がすさまじいということ。フタを開けてみれば、ZEUSは2000個も売れ、わずか4日間で200万ユーロ(約2億円)もの売上をBigpointにもたらしました。オンラインゲームのレアアイテムが高値で取引されるのはよくあることですが、運営元による「直販」というのはなかなか珍しいケースと言えそうです。

画像 ZEUSの作成画面。普通に作ろうとすると、45個ものレアアイテムと膨大なお金が必要になります

 ちなみに「Darkorbit」自体のプレイ人口は不明ですが、「Bigpoint.com」全体の登録者数は全世界で2億人以上とのこと。仮に2億人のうち10%が「Darkorbit」をプレイしていたとして2000万人(実際はそんなにプレイしていないと思いますが)。つまり1万人に一人がZEUSを購入した計算になります。うーん、それだけプレイ人口がいれば買っちゃう人がいてもおかしくはないのかも……。

 ゲーム内のアイテムに10万円――。仮にそれがものすごくレアなものだったとして、みなさんだったら「買いたい」と思いますか? もしくはどんなアイテムなら「10万円払ってでも欲しい」ですか?


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む